FC2ブログ

アスラクライン2 第26話(最終回) 「選択の歯車」 感想

秋希を取り戻すためにすべての世界を犠牲にしようとしている塔貴也を止めようと、

死力を尽くして戦う智春たち。

しかしパワーアップした《鐵・改》と使い魔ペルセフォネの力をもってしても、

4体の機巧魔神を操る塔貴也に圧倒されていた。

しかも、因果律を制御できるイグナイターまでもが塔貴也の手に渡ってしまい――!?

 アスラクライン2 公式サイト

アスラクライン2 5(初回限定版) [DVD]アスラクライン2 5(初回限定版) [DVD]
(2010/05/12)
入野自由戸松遥

商品詳細を見る

アスラクライン 13 (電撃文庫 み 3-28)アスラクライン 13 (電撃文庫 み 3-28)
(2009/11/10)
三雲 岳斗

商品詳細を見る

アスラクライン 水無神操緒 すり抜けフィギィア (1/8スケールPVC塗装済み完成品)アスラクライン 水無神操緒 すり抜けフィギィア (1/8スケールPVC塗装済み完成品)
(2010/06/25)
キャラアニ

商品詳細を見る
いきなり因果律制御装置(イグナイター)が奪われてる!

鐵・改と鋼の激突は迫力がありますね。

どうせなら最初からずっとこのレベルを維持出来ていれば……。

鋼に押されまくってる鐵・改ですが、原作と違いアニメ版では

鐵・改は、鋼を上回る出力だったんじゃないの?

それだけ塔貴也の機巧魔神を操る力が上回っているという事か。

玲士郎や六夏たちが何故見てるだけなの?

今の内に翡翠、蒼鉛、薔薇輝を破壊すればいいのに。

紫浬「今よ、智春!」

鐵・改のピンチを救ったのは紫浬。

紫浬「瑤、あなたは紫浬と共に戦いなさい」
紫浬「私は、黒崎朱浬は夏目智春と共に戦うわ」


前回、自分が誰なのか分からないと言っていた彼女が出した答え。

それは、紫浬としてではなく朱浬として生きる事。

助っ人として駆けつけてくれるとは思っていたけど、ちょっと心配だった

だけに、朱浬の登場は嬉しいですね。

塔貴也「何だよ。何で思い通りにならない!」

塔貴也って結局、体の大きな子供ですよね。

自分の思い通りにならないと気がすまない。

こんな奴が力を持ってるんだから、そりゃ周りが迷惑するわな。

異世界へ跳ぶために、翡翠、蒼鉛、薔薇輝で足止めをしようとする塔貴也。

あれ?塔貴也が操らなくても自動操縦で戦えるのか?

何かご都合主義さを感じるなぁ。

ここでようやく玲士郎たちが動きました。

強えぇぇ!

元演操者が二人というのは伊達じゃない!

シャーリーズと融合しパワーUPする鋼。

融合した鋼、かなりカッコイイですよ!

そのせいで氷羽子の非在化が一気に進行してしまっています。

塔貴也は氷羽子の事を道具としか見ていないですからね。

ホント、自分勝手な奴だ。

奏「私は……夏目君の事……夏目君の全てを知りたくて……」
奏「どんな時も夏目君を見逃したくなくて、戦うの!」


鐵・改もペルセフォネを取り込んでパワーUP!

カッコよさが大幅にUP!

そしてここで流れるのは一期のOP曲である「Spiral」!

これは燃える!

そして塔貴也の顔芸が凄いことに(笑)

再びぶつかり合う鐵・改と鋼!

しかし今度の激突は先ほどと違い互角、いや寧ろ鐵・改優勢に!

智春と奏、お互い想いあってるからこそ引き出せる力。

それが氷羽子をただ利用しているだけの塔貴也との大きな違いですね。

この戦闘シーンは凄かった。

まるでアスラクラインじゃないみたいでしたよ(笑)

巨大な氷塊で攻撃してくる鋼に智春と奏は二人力を合わせ……。

智春

白銀の剣と焔月で、秋希と同じ二刀流の構えを取る鐵・改!

秋希の二刀流と同じ構えをするのなら、原作にあった特訓シーンは

カットしないで欲しかったです。

原作では、智春は一巡目の世界で冬琉から秋希の技を教わっているんですよ。

塔貴也「秋希……僕を止めようとしているのか」
塔貴也「いやだ、いやだ。逢いたいだよ、逢いたいだよ~。秋希ぃぃぃぃぃぃ」


すっかり駄々っ子状態の塔貴也。

智春「僕は負けない!世界を救うんだ!」
智春「それが僕の選択だあぁぁぁ!」


塔貴也に勝利した智春と奏、この戦いは熱かった。

普段からこれくらい気合を入れてくれていれば……。

智春「世界が非在化していく事が滅びじゃない」
智春「僕らがこの世界を見捨ててしまうのが、本当の滅びなんです」


誰からも見捨てられた世界、省みられない世界は存在しないのと同じという事なんでしょうね。

智春も主人公らしくなったなぁ。

戦いが終わって、冬琉の告白。

冬琉は秋希の魂が消滅してしまうのが分かっていて、鐵を使い続けていた。

冬琉「だって秋希ちゃんが居なくならないと、永遠に塔貴也は私を見てくれない」

恋は盲目……ですか。

自分勝手と言えばそれまでですが、何とか振り向いてほしいという気持ちは分からんでもない。

その行動の是非はともかくとして。

玲士郎と遙が冬琉の告白に驚いていましたが、元演操者だから副葬処女の射影体は見えないし

声も聞こえない筈なんじゃないのかな?

冬琉「私はただ、塔貴也と一緒に居たい……」

智春「鐡!お願いだ、何とかしてくれ!鐡!!」

何とかしてくれって……。

自分で操作するのではなく、何とかしてくれって頼むのはどうよ?

それで実際、何とかなっちゃうんですけどね(苦笑)

鋼から冬琉を強引に引っ張りだした鐵・改。

アニア「鐡の時空を越える能力で冬琉の体を掴んだのだ」
アニア「鐡と鋼、同じ能力を持つ機巧魔神同士だからこそ、出来たのだろう」


あれ?完全な空間制御を使える鐵・改なら同じ能力を持つ機巧魔神云々関係なく出来るんじゃないの?

秋希から貰ったペンダントを冬琉に渡す智春。

智春「一巡目の秋希さんから貰った物です」
智春「部長と……秋希さんと一緒に生きてください」
智春「それがあなたの選択です」


生きて罪を償う、それが智春が冬琉に望んだ事。

その時、因果律制御装置(イグナイター)が輝いて異世界への門を閉じていきます。

智春の二巡目の世界の存続という願いを、因果律制御装置であるイグナイターが叶えたと。

異世界への門を閉じた事で、非在化した世界も巻き戻るかのように元にもどりましたね。

ちょっとご都合主義な気もしますけどね。

操緒「みんながいつも飲んでたコーヒー、あれ飲みたかったんだ」

一巡目の世界でアニアが完成させていた副葬処女分離機を使って解放されていく副葬処女達。

姫笹「私、生きるわ」
姫笹「夏目君達を見ていて思ったの」
姫笹「例え治らない病気でも、今を……この世界を生きてみたいって」
姫笹「久しぶりに六夏ちゃんの三つ編みも作りたいし」

六夏「ま、まぁ、そういうことならいいんじゃない」
六夏「もうちょっと稼げば、あんたの手術費も余裕だしね」


姫笹もふっかつするのか!

これは完全に予想外の展開。

嬉し涙を堪えて、強気な態度をとる六夏もいいですね。

彼女がお金に拘るのも、元々は姫笹の手術費を稼ぐ為でしたしね。

これから先、二人で協力してなんとかやっていくんでしょうね。

アニア「ま、私もすっかり元の姿だが」
アニア「残るところは残ってもよかったのではないか」
アニア「何故だ、何故なのだぁ!」


アニアがまた幼女姿になってる!

何で?

アニアが成長したのは魔法でも何でもなく、一巡目に跳ばされた時に5年間長く生きたからなのに……。

アニアの5年間を否定されたようで、この展開は賛成出来ませんね。

智春から少し離れ手を差し出す操緒と奏。

操緒「で、トモは操緒と嵩月さん、どっちを選ぶの」

厳しい、これは厳しい選択だ。

操緒「ん、もう。トモのヘタレ童貞!」
操緒「世界を救う、救わないより簡単な選択だと思うんだけどな」


いや、これは難しいでしょ。

世界を救う、救わないの方が、選択としては単純明快だよ。

智春「ちょっと待てよ。操緒、奏」

お!奏の事を、嵩月でなく奏と下の名前で呼ぶようになってますね。

これが答えなんじゃないかな。

操緒に対する気持ちは家族愛みたいな物だと思うんですけどね。

氷羽子、科學部に入部したのか。

これまた予想外な展開。

樋口にフラグが立った?

玲子への想いはどうなったんだ?

姫笹の制服姿は新鮮ですね。

加賀篝はまだあの島に居たのか。

一人佇む姿は、切ないものがありますね。

主人公になれなかった智春という立ち位置ですね。

操緒が今までの癖でドアをすり抜けようとしてぶつかるシーンはいいですね。

定番のお約束ですが、こういう何気ないシーンがいいですよ。

潮泉太秦が居なくなっていましたが、一巡目から来た存在だったので

非在化してしまったのでしょうか。

冬琉が付けている秋希のペンダントもいずれ非在化して消えてしまうのかな。

何だかんだいって、いい終わり方だったと思います。

一巡目途中までは、細部に違いはありましたが原作基準で行き、そこからオリジナル展開に

する事で、原作を読んだ事のある人達も最後はどうなるか楽しまそうとしたんじゃないかと。

単に尺の都合や難しい展開はカットしたのかもしれませんが(笑)

一期もそうでしたが、最終回は魅せてくれますね。

これで、それまでの展開がgdgdでなければ、もっと良かったのですが。

最後はちょっと都合よく解決させた部分もありますが、それでもハッピーエンドになって

良かったと思います。

スタッフの皆さん、お疲れ様でした!
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://hienkyaku.blog50.fc2.com/tb.php/920-226ab775

アスラクライン2 第26話「選択の歯車」

僕が選ぶ未来。

『アスラクライン2』第26話最終回

第26話「選択の歯車」世界を救うため、最後の戦いが開始された。

アスラクライン2 第26話(終)

第26話『選択の歯車』アスラクライン2 1(初回限定版) [DVD]今回は・・・ついに最終回ですね。

アスラクライン2 第26話「選択の歯車」(最終回)

ちょっと強引な展開だったとは思いますが、一応、きっちりと終えれたのかな。

アスラクライン2 第13話(EX026) 「選択の歯車」

 かなりご都合主義な展開でしたし、駆け足でしたが面白い最終回でした。今期は投げっぱなし最終回が多いのでこういうのはいいですね。

アスラクライン2 EX026『選択の歯車』

智春に運を分けてしまったため、イグナイターを奪われてしまうことになった不運なニア。

[アニメ][アスラクライン]『アスラクライン2』EX026「選択の歯車」

ストーリー  除泄白キとの決戦を迎えた智春。しかし、除泄白キに戦いの最中イグナイターを奪われてしまう。その力により、新たな世界との門が開き、二巡目の世界は急速に非在化していていき……。 第一感想  凄く綺麗に終わったー!  あまりの綺麗な終わりっぷりにちょっ

(アニメ感想)アスラクライン2 第26話「選択の歯車」

第26話「選択の歯車」 「瑶、貴方は紫浬と共に戦いなさい」 「私は・・・黒崎朱浬は夏目智春と共に戦うわ」 ぶつかり合う、?鐵と鋼の...

アスラクライン 第26話「選択の歯車」最終回

戦闘シーンは見応え十分で大団円じゃったな。 ちゃっかりイグナイターを手にした塔貴也側は攻勢をかけ、あと一歩で智春達に引導を渡そうとした時に朱里の大援護で戦闘は一時中断。気が変わった塔貴也は戦闘を止めて異世界へ飛ぼうして、朱里達がロードナイト等と戦ってい...

アスラクライン2 第26話(最終回)「選択の歯車」

世界の大きな歯車を動かすのは、ひとつひとつの小さな歯車。 なにかを選択するということは、強い覚悟と責任を伴うこと。 夏目智春の選択...

2009年12月終了アニメ感想?「アスラクライン2」

アスラクライン2 1(初回限定版) [DVD]キングレコード 2010-01-06売り上げランキング : 1185Amazonで詳しく見る by G-Tools   バトル要素のある作品としては、先に「聖剣の刀鍛冶」・「11eyes」が終わっていたわけですが、これらの中では一番盛り上がった最終....

プロフィール

ばん(こげぱんだ)

Author:ばん(こげぱんだ)
オリックス・バファローズファン。
安達&ディクソン、頑張れ!

レッスルエンジェルス、リンドリ、
ANGEL VOICE、錻力のアーチスト
ハリガネサービスを応援中。

当ブログはリンクフリーです。
用件等はこちらのメールフォームからお伝えください。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ
にほんブログ村

ついったー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリ

未分類 (0)
レッスルエンジェルス (420)
レッスルエンジェルス愛 (102)
レッスル愛大会 (82)
斉藤彰子物語 (37)
レッスルプレイ日記 (20)
レッスル駅伝 (37)
リング☆ドリーム (7)
野球 (614)
アニメ感想 (3047)
ガンダム00 (26)
ガンダムAGE (49)
ガンダムGのレコンギスタ (25)
ガンダムビルドファイターズ (53)
とある魔術の禁書目録 (27)
とある科学の超電磁砲 (48)
けいおん! (53)
ひだまりスケッチ (30)
GA芸術科アートデザインクラス (15)
きんいろモザイク (24)
きらら系作品 (41)
みなみけ (26)
DARKER THAN BLACK (15)
そらのおとしもの (15)
WORKING!! (50)
侵略!イカ娘  (25)
Fate (27)
TIGER & BUNNY (35)
Steins;Gate (24)
たまゆら (31)
ヤマノススメ (39)
夏目友人帳 (50)
ちはやふる (51)
境界線上のホライゾン (26)
モーレツ宇宙海賊 (27)
人類は衰退しました (17)
ガールズ&パンツァー (35)
リトルバスターズ! (48)
新世界より (25)
進撃の巨人 (26)
マジェスティックプリンス (28)
ログ・ホライズン (49)
蒼き鋼のアルペジオ (13)
未確認で進行形 (14)
シドニアの騎士 (24)
アルドノア・ゼロ (23)
月刊少女野崎くん (16)
蒼穹のファフナー (18)
うしおととら (38)
3月のライオン  (22)
幼女戦記 (10)
神撃のバハムート (35)
ノイタミナ (122)
漫画感想 (592)
キン肉マン (366)
ANGEL VOICE (137)
錻力のアーチスト (42)
本感想 (27)
ゲーム感想 (39)
アオイシロ (27)
おもちゃ箱 (19)
ブログ妖精ココロ (3)
雑記 (53)

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

Blog時計(百子)

プロ野球順位表

プロ野球データFreak
パリーグ順位表
セリーグ順位表

プロ野球ニュース

powered by プロ野球Freak
powered by プロ野球Freak

応援バナー

オリックス・バファローズ 公式サイト オリックス・バファローズ BsTV パ・リーグTV 『レッスルエンジェルス オフィシャルサイト』 『レッスルエンジェルス愛』 リング☆ドリーム 女子プロレス大戦 総合サイト 「アオイシロ」応援バナー 「アカイイト」応援バナー ガールズ&パンツァー 公式サイト たまゆら〜卒業写真〜 公式サイト TIGER & BUNNY 公式サイト

本棚

週間アクセスランキング

逆アクセスランキング(7日間)

天気予報

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード