リトルバスターズ!EX 第8話 「僕たちの絆」 感想

これで本当に最終回。
佳奈多には幸せになってほしいですね。
葉留佳や両親と家族として幸せに過ごしてほしいですよ。

理樹と葉留佳は、佳奈多が自ら犠牲になって実家へ戻ろうと
していたことを知ってしまう。
しかもすでに実家の人間は学園内に手を回していた――。
リトルバスターズによる佳奈多救出ミッションがいま始まる!


 リトルバスターズ!EX 公式サイト

リトルバスターズ! パーフェクトボーカルコレクションリトルバスターズ! パーフェクトボーカルコレクション
(2014/08/08)
No Operating System

商品詳細を見る
正気を取り戻した佳奈多ですが、理樹と葉留佳を拒絶。
佳奈多に自分の上着をかけて黙って立ち去った理樹、何も聞かずに立ち去るのが
理樹の優しさですね。
今はそっとしておいた方がいいと感じたんでしょう。
佳奈多もいっぱいいっぱいで、1人になりたいでしょうし。

佳奈多の火傷の傷跡について噂が広まってますね。
こういうデリカシーに欠けることを話すなよ。
風紀委員として厳しい態度を取っていただけに、敵が多く、今回の事も
面白がって広めたんでしょうね。

理樹から借りた上着をあーちゃん先輩に預けていた佳奈多。
お礼の手紙のあて先が直枝理樹とフルネームになってますね。
この部分だけで佳奈多の心情が伝わってきますよ。

佳奈多の婚約の事を知った葉留佳と理樹。
やっぱり佳奈多は葉留佳のために自分が犠牲になるつもりだったんですね。

それにしても佳奈多をボロボロにした挙句、政略結婚って二木家も三枝家も
酷いものですね。
葉留佳編でその酷さは分かっていましたが、あらためてその酷さが伝わって
きますよ。

佳奈多の振るった竹刀を素手で受け止める謙吾、凄えぇ!
真面目な顔をしていればカッコイイですね。
けど、本質はアホですよね(笑)

雨の中、竹刀を振りながら昔の事を思い出す佳奈多。
葉留佳が無茶苦茶酷いことになってる!
ここまで酷いとは……二木家も三枝家もどんだけ腐ってるの!?

葉留佳と手を繋ぐことはできなくても、この悲惨な境遇から救い出せるのならと
自分の未来を捨てた佳奈多。
この家の大人たちは屑ばかりですね。
佳奈多はほんと、報われて欲しいですよ。
このままじゃ、あまりにも可哀想すぎる!

熱で倒れた佳奈多を看病する葉留佳と理樹。
相変わらず佳奈多は理樹を拒絶してますね。
確かにこれまでは手を差し伸べてくれる人はいなかったですが、これからも
そうだとは限りませんよ。
今ここに、その機会があるのだから。
佳奈多のこれまでの人生を考えると、素直に助けを求めることができないのも
無理ないですが。

拒絶されても諦めない理樹と葉留佳。
保健室の外ではリトルバスターズの面々もいますよ!
佳奈多と葉留佳のやり取りがいいですね。
すずきけいこさんの一人二役の演技が素晴らしいです!

また明日、葉留佳と佳奈多の約束。
でもこの約束は果たされなさそうな。
保健室にやって来たのって、監視役の子ですよね。
これは家に連れ戻されてしまうんでしょうね。

気を失った佳奈多を監視役がおんぶして連れて行くの見つけた理樹と葉留佳。
そのまま車に連れ込んで二木家にって、想像以上に強引なことをしてきましたよ!
まさか誘拐までしますか。

監視役の子ですが、佳奈多を送り出した時点で二木家とは関係ないと
顔合わせの場所と時間を教えてくれましたね。
この子は二木家とはどういう関係だったのかな。
仕事として割り切った付き合いだったのか、弱みでも握られていたのか。

佳奈多救出作戦を練るリトルバスターズの面々。
どこからその情報を入手したんですか!(笑)

科学部部長から預かって来た基盤……テム・レイの回路に似てますね(笑)
止まったエレベーターを強制的に稼働するって、何それ!?
科学部優秀すぎです!

恭介の変装、髭が怪しすぎです(笑)
鈴は可愛いし、真人と謙吾もカッコイイのに恭介が……。

顔合わせの場で、佳奈多を強引に助け出した理樹たち。
その場での大立ち回り、来ヶ谷も強いけど、謙吾の強さが際立ってますね。
まさにペンは剣より強し!
カッコイイですよ。

二木家は帰る場所じゃないと佳奈多を説得する葉留佳。
あんな家に帰っても、ろくなことにならないですよね。
ただ、この後どうするつもりなのかは気になります。

身代わり役として鈴をお姫様抱っこして逃げる恭介。
身体能力が凄いですね。
付け髭が恭介から鈴に移ってる!
この髭も鈴が付けると可愛いですね。

二木家のおっさん、カツラだったのか。
周りの反応が(笑)

美魚が変装した姿、まるで工作員ですね。
変装してタクシーのところで待っているクドと小毬も可愛いですよ。

葉留佳が差し出した手を取る佳奈多。
ようやく素直になれましたね。
葉留佳は2人分の休学届を出していたんだ。
用意周到ですね。

この後どうするつもりなのかと思っていたのですが、お父さんとお母さんの家で
一緒に暮らそうと考えていたのか。
あの2人なら力になってくれるでしょうし、三枝晶も協力してくれるでしょうね。

やって来たリトルバスターズの面々に笑顔で応える佳奈多。
いい笑顔ですね。

最後のシーン、沙耶と佐々美も混ざってる!
まさかここで2人が混じってくるとは思いませんでした。
EXのラストに相応しいシーンですね。

佳奈多編、面白かったですね。
出来ればもう1話、欲しかった気もしますが。
最終巻ということで、2話連続で見れたのも何気に良かったです。
これが本当の最終回、最後まで楽しめました。
スタッフの皆さん、お疲れ様でした!

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村←よろしければ、ポチっとお願い致します。
ブログパーツアクセスランキング

EXの感想は↓
第1話 「諜報員 朱鷺戸沙耶」 感想
第2話 「迷宮の二人」 感想
第3話 「闇の執行部」 感想
第4話 「いつか、どこかで…」 感想
第5話 「佐々美、猫になる」 感想
第6話 「誰かが願った小さな世界」 感想
第7話 「佳奈多の秘密」 感想

2期の感想は↓
第1話 「それは突然やってきた」 感想
第2話 「そのときも雨が降っていた」 感想
第3話 「ずっとここにいたかった」 感想
第4話 「理樹と鈴」 感想
第5話 「最後の課題」 感想
第6話 「逃亡の果てに」 感想
第7話 「5月13日」 感想
第8話 「最強の証明」 感想
第9話 「親友の涙」 感想
第10話 「そして俺は繰り返す」 感想
第11話 「世界の終わり」 感想
第12話 「お願いごとひとつ」 感想
第13話(最終回) 「リトルバスターズ」 感想

1期の感想は↓
第1話 「チーム名は…リトルバスターズだ」 感想
第2話 「君が幸せになると、私も幸せ」 感想
第3話 「可愛いものは好きだよ、私は」 感想
第4話 「幸せのひだまりを作るのです」 感想
第5話 「なくしものを探しに」 感想
第6話 「みつけよう すてきなこと」 感想
第7話 「さて、わたしは誰でしょう?」 感想
第8話 「れっつ、るっきんぐふぉーるーむめいとなのです」 感想
第9話 「学食を救え!」 感想
第10話 「空の青 海のあを」 感想
第11話 「ホラー・NO・RYO大会」 感想
第12話 「無限に続く青い空を」 感想
第13話 「終わりの始まる場所へ」 感想
第14話 「だからぼくは君に手をのばす」 感想
第15話 「ムヒョッス、最高だぜ」 感想
第16話 「そんな目で見ないで」 感想
第17話 「誰かにそばにいて欲しかったんだ」 感想
第18話 「答えは心のなかにあるんだ」 感想
第19話 「きっと、ずっと、がんばるのです」 感想
第20話 「恋わずらいをいやせ」 感想
第21話 「50ノーティカルマイルの空」 感想
第22話 「わたし、必ず戻ってきます」 感想
第23話 「あなたの大切なもののために」 感想
第24話 「鈴ちゃんが幸せならわたしも幸せだから」 感想
第25話 「最後のひとり」 感想
第26話(最終回) 「最高の仲間たち」 感想
番外編 「世界の斉藤は俺が守る!」 感想
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

原作の佳奈多ルートは途中まで虚構世界、終盤が現実世界という構成でした。
前回の佐々美ルートがリフレイン後であった事から佳奈多ルートも同じにしたのかもしれあせんね。
それに以前書かせてもらいましたが、原作の虚構世界の佳奈多は「世界の秘密」を知ってる節があったりと、現実世界の佳奈多と繋がってる可能性が匂わされていましたが、アニメ版ではその描写が一切ありませんでしたからね。
その辺の事も考慮しての初めから現実世界という構成にしたのだと思います。 単純に尺の都合もあるかもしれませんが。

原作ではループを経てるので理樹は葉留佳と佳奈多の関係を忘れてますし、二人の関係もリセットされていました。 
ただし葉留佳は葉留佳ルートでの事を覚えており、積極的に佳奈多と和解しようとします。
また理樹と恋人であった思い出がありながら、理樹と佳奈多の仲を応援します。

>葉留佳「私だけが不幸とはもう思ってないし、誰かのせいにもしたくない。 私は…私でいい。そう教えてくれた人がいたからね。」

>葉留佳「…とても優しい人だったよ。 どうしようもない私を好いてくれた優しい人。 あんまり優しいから一度だけで満足しちゃったんだ。
…その奇跡みたいな優しさで…もう満足しちゃったんだよ、私は…」

尺の都合か、今回も恋愛要素は完全にカットでしたね。
原作では理樹と佳奈多のデートイベントがあったんですよ。 
それに理樹が佳奈多の傷跡に口づけして男前なセリフを言ったりとか。 
この辺がカットされたのは本当に残念です。

でも、その分ラストの佳奈多救出には力を入れてくれてましたね。
アニメのリトバスメンバー最後の活躍でしたからね。
全員の活躍をアニオリ込みで描いてくれて爽快でした。

お返事です

>>kさん
恋愛ルート無しは仕方ないでしょうね。
基本的にはテレビ放送との繋がりを意識しているでしょうし。
リトルバスターズ全員の活躍を見せてくれたのはいいですね。
最終話に相応しい無いようになったと思います。

トラックバック

http://hienkyaku.blog50.fc2.com/tb.php/3738-61187ff0

プロフィール

ばん(こげぱんだ)

Author:ばん(こげぱんだ)
オリックス・バファローズファン。
安達&ディクソン、頑張れ!

レッスルエンジェルス、リンドリ、
ANGEL VOICE、錻力のアーチスト
ハリガネサービスを応援中。

当ブログはリンクフリーです。
用件等はこちらのメールフォームからお伝えください。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ
にほんブログ村

ついったー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリ

未分類 (0)
レッスルエンジェルス (420)
レッスルエンジェルス愛 (102)
レッスル愛大会 (82)
斉藤彰子物語 (37)
レッスルプレイ日記 (20)
レッスル駅伝 (37)
リング☆ドリーム (7)
野球 (601)
アニメ感想 (3038)
ガンダム00 (26)
ガンダムAGE (49)
ガンダムGのレコンギスタ (25)
ガンダムビルドファイターズ (53)
とある魔術の禁書目録 (27)
とある科学の超電磁砲 (48)
けいおん! (53)
ひだまりスケッチ (30)
GA芸術科アートデザインクラス (15)
きんいろモザイク (24)
きらら系作品 (41)
みなみけ (26)
DARKER THAN BLACK (15)
そらのおとしもの (15)
WORKING!! (50)
侵略!イカ娘  (25)
Fate (27)
TIGER & BUNNY (35)
Steins;Gate (24)
たまゆら (31)
ヤマノススメ (39)
夏目友人帳 (50)
ちはやふる (51)
境界線上のホライゾン (26)
モーレツ宇宙海賊 (27)
人類は衰退しました (17)
ガールズ&パンツァー (35)
リトルバスターズ! (48)
新世界より (25)
進撃の巨人 (26)
マジェスティックプリンス (28)
ログ・ホライズン (49)
蒼き鋼のアルペジオ (13)
未確認で進行形 (14)
シドニアの騎士 (24)
アルドノア・ゼロ (23)
月刊少女野崎くん (16)
蒼穹のファフナー (18)
うしおととら (38)
3月のライオン  (22)
幼女戦記 (10)
神撃のバハムート (28)
ノイタミナ (122)
漫画感想 (577)
キン肉マン (351)
ANGEL VOICE (137)
錻力のアーチスト (42)
本感想 (27)
ゲーム感想 (39)
アオイシロ (27)
おもちゃ箱 (19)
ブログ妖精ココロ (3)
雑記 (52)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

Blog時計(百子)

プロ野球順位表

プロ野球データFreak
パリーグ順位表
セリーグ順位表

プロ野球ニュース

powered by プロ野球Freak
powered by プロ野球Freak

応援バナー

オリックス・バファローズ 公式サイト オリックス・バファローズ BsTV パ・リーグTV 『レッスルエンジェルス オフィシャルサイト』 『レッスルエンジェルス愛』 リング☆ドリーム 女子プロレス大戦 総合サイト 「アオイシロ」応援バナー 「アカイイト」応援バナー ガールズ&パンツァー 公式サイト たまゆら〜卒業写真〜 公式サイト TIGER & BUNNY 公式サイト

本棚

週間アクセスランキング

逆アクセスランキング(7日間)

天気予報

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード