FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

境界線上のホライゾンII 第11話 「花畑の合格者」 感想

点蔵はもげろ!
メアリとはお似合いだからいいですけど。
でも羨ましいですね。

アルマダ海戦は、見ごたえがありましたね。
サンライズの本気、凄かったです。

そして二代から誾への精神攻撃(笑)
あれ、まだ誤解したまんまだったんですね。
誰か本当の事教えてあげようよ(笑)

ついに倫敦塔へとたどり着いた点蔵の前に、"傷有り"に変装した
エリザベスが現れるが、点蔵はすぐにそれが偽物だと見破る。
それを見たエリザベスは、メアリに処刑執行まで5分間の猶予を与えるが……。
一方、アルマダ海戦は、ピンチに追い込まれた武蔵が個別操艦という
奇策で形勢逆転、三征西班牙の敗北宣言により終結しようとしていた。
しかし、沈みゆく船と運命を共にしようとしたセグンドを、フアナが
再び戦場へと引き戻す。
再開されたアルマダ海戦の行方は――?


 境界線上のホライゾン 公式サイト

境界線上のホライゾン 武蔵木札ストラップ 本多・正純境界線上のホライゾン 武蔵木札ストラップ 本多・正純
(2012/08/29)
ユー・エス・イー

商品詳細を見る
点蔵の前に立ちふさがるウオルター。
ウオルターって正統派に見えて、実はトリッキーな戦い方をしますね。
侍というより忍者っぽい。
ミルトンの助けもあってウオルターを突破した点蔵。
ウオルターは追いかけないのかな。

ダッドリーの攻撃を返すナルゼ。
そんなこともできたんですね。
ペンで空中に描くって、ヘブンズ・ドアーみたいですね。

セシルの相手をする喜美、圧倒的すぎる!
そして揺れすぎ(笑)
賢姉様もチートキャラの一人ですよね。
そして、いい女だ!

メアリの方がエリザベスよりわずかに巨乳だと変装を見破った点蔵。
金髪巨乳は真理って、何言ってるのこの人(笑)
ポーズがウイングマンみたいです。

エリザベスがメアリに持ちかけた賭けはこの変装を見破れるかどうかでしたか。

告白しようとして噛んでしまった点蔵。
そこは噛んじゃダメでしょ(笑)
噛みはしたものの、その後はきっちと決めた点蔵。
カッコイイですよ!
まるで主人公のようですね。

メアリから、何でこの前チューしてくれなかったのかと責められる点蔵(笑)
あの時はメアリが結婚の相手として適格かどうか分からなかったと
メアリの胸を揉みましたよ!
合格と叫ぶ点蔵……、最低だ、こいつ。

そしてまた噛んじゃいました(笑)
メアリには伝わりましたけどね。
抱き合いキスをする二人。
やっぱり点蔵の顔は視聴者に見せないんですね。
素顔を見れるのはメアリだけの特権だと。

浅間!
点蔵は今人生の絶頂で、後は落下していくだけだから今くらいは祝ったらって
酷いこと言ってますよ、この巫女さん!

エクスカリバーを抜くことができたメアリ。
エクスカリバー・コールブランドって、エクスカリバー・カリバーンとは別物?
カリバーンはコールブランドを補完するための鍵だったって点蔵はよく
気付きましたね。

休戦とメアリの武蔵への亡命を申し出る正純。
点蔵とメアリの子供を次期英国王に指名すればいいって、二人の子は
男児決定ですか。
正純はこういった外交方面では大活躍ですね。

メアリを見送っていた多数の亡霊?とメアリの関係は、どういう関係なのかな。
亡霊の中には首なしもいましたね。

アルマダ海戦の終結を宣言するセグント。
自分は脱出せずに船と共に死ぬつもりですか!

そんなセグントに対し説得&告白をするフアナ。
爆風から自分を守ってくれたセグントを抱きしめてキスをしましたよ。
このタイミングでやって来る誾。
またこのパターンですか(笑)
うん、そういうことにしておいてあげて(笑)

トーリが食べていた弁当、何だかベルトに見えるのですが。
苦しみながら食べたトーリ、あれってまさかホライゾンの愛妻弁当?

第二次アルマダ海戦が開始。
今度の相手は本気の三征西班牙・超祝福艦隊ですか。
作画が凄いことになってますね。
これがサンライズの本気ですか。

ハイディが言っていた七三メガネってハワードか!
シロジロがチェックを通したものなら絶対いいものだと思うって
惚気発言ですよね。
可愛いこと言ってますよ、この人。

武神を撃ち落とす武蔵の砲撃部隊、あれで落とせるのかよ!
武神ってこんなにモロかったでしたっけ?

迫ってくるナイトを迎撃しようとする武神と避けるナイト。
ここの作画が凄いですね、カッコイイですよ。
前はナルゼと二人掛かりで辛勝だったのに今度は一人で勝利。
1期で戦った武神に比べると大分弱いんですね、今回の武神。

鈴が疑問に思った最初の砲音とそれに答える武蔵。
けど、武蔵の表情からすると何か疑問点がありそうな感じですね。
これも伏線なんだろうなぁ。
防御した砲撃とは別に撃っていたのかな。

上陸してくる小型ステルス艦、陸上部ですか。
野球部も援護射撃をしてますね。
フローレスですが、アンダースローで眼下の敵に攻撃ってやりにくくないのかな?

隆包が率いていた捕手部隊。
見事に一昔前のキャッチャー体型ばかりですね(笑)
その前に立ち塞がるのは守銭奴・シロジロ!
よく飛ぶバットってコルク入りですか(笑)

ステルス艦の決壊をぶち破る射殺巫女。
鈴の言っていた最初の砲音は、こちらの戦艦のものかと思ったら
まだステルスしたままの戦艦がいたのかよ!

特攻を盾となって防ぐグレイス・オマリ。
恩を返すって義理堅いですね。

バルデス兄妹にはノリキが、誾には二代が勝負を!
二代の問題発言(笑)
宗茂にはいろいろ教わった、セックスした仲って誾相手にそれを言いますか!(笑)
しかも顔を赤らめて(笑)
あの時の誤解の影響、それがこんなところで出るとは……。
ナルゼと正純の罪は大きいですね(笑)
セックス発言を聞いた誾、倒れちゃいましたよ!
何てひどい引きだ(笑)

最後の提供絵、ペデロ!(笑)

次回 第12話「居場所の刃傷持ち」

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村←よろしければ、ポチっとお願い致します。
ブログパーツアクセスランキング

2期の感想は↓
第1話 「朱の場の部員達」 感想
第2話 「舞台上の宣告者」 感想
第3話 「土上の下り者」 感想
第4話 「劇場の支配者」 感想
第5話 「猟場び人道主義者」 感想
第6話 「広場の男女」 感想
第7話 「広間の語り部」 感想
第8話 「高所の決定者」 感想
第9話 「夜空の別離者」 感想
第10話 「劇場の咆哮者」 感想

1期の感想は↓
第1話 「境界線前の整列者達」 感想
第2話 「食事場の清純者」 感想
第3話 「街中の遊撃手」 感想
第4話 「夜天下の暗躍者」 感想
第5話 「月下の卒業者」 感想
第6話 「告白場の代弁手」 感想
第7話 「武蔵の騎士」 感想
第8話 「全域の支持者」 感想
第9話 「高嶺の花」 感想
第10話 「スタートラインのラッパ吹き」 感想
第11話 「武蔵の不可能男」 感想
第12話 「平行線上への相対者」 感想
第13話(最終回) 「境界線上の整列者達」 感想
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2人の子供は男児じゃなくてもたぶん大丈夫ですよ
極東以外の国では柔軟に歴史再現をするために性別を無視した解釈をOKとしているので
極東にもこの恩恵があれば正純の身体手術は不要だったんですけどね……

メアリを見送ってたのはロンドン塔で首を刎ねられた彼女の母とメアリによって処刑された300人の兵士たちなどですね
彼らは彼女を恨んでおらず祝福して見送ったということです

Ⅰ期の武神は3体だけなんですが武蔵への圧力のために派遣しているので選りすぐりのエースなんですよ
Ⅱ期のほうが劣るのは仕方ないというか、今回は英国から支給された武器もありますし

あぁ、あとトーリが食べてたのはホライゾンがトーリの母と作った愛妻弁当ですね
中身は革コロッケとか草コロッケですけど

No title

こんにちは、いつも楽しく感想読ませてもらっております
早速補完をば

>メアリを見送っていた多数の亡霊?とメアリの関係は、どういう関係なのかな。

こちらは例の300人殺しの犠牲者達です(本人たちは誇りを持ってやったことですのでこの言い方は失礼ですが)
この世界は流体のおかげでいわゆる幽霊が一つの種族として存在できますので

>トーリが食べていた弁当、何だかベルトに見えるのですが。

ご明察の通り、その名もベルトコロッケ
全裸が食べていた理由はほら彼芸人ですから・・・w

>1期で戦った武神に比べると大分弱いんですね、今回の武神。

これについては機体そのもののベースは同じです(空戦換装されてはいますがw・・・でも原作だと同じ猛鷲なのにルビがエル・アゾウルからロジョ・アゾウルになってるんだよなあ_____もしかしたら別機体かもしれません、あしからず)
ただ乗り手が未熟な若手だったことと、ナイトの腕があがっていたことが今回の結果に繋がったようです

こんなところですかね?次回の感想も楽しみにしています!
______以上

No title

聖譜記述では
台から抜いたが卑怯な方法で相手を殺したので真っ二つに折れたのがコールブランド
それを湖の精霊だかが直して生まれたのがカリバーンとなっています

No title

>酷いこと言ってますよ、この巫女さん!
これは梅組クオリティで普通の事ですよ(爆

>カリバーンはコールブランドを補完するための鍵だったって点蔵はよく
気付きましたね。
色々説明が抜けてるんですよね^^;;二人の父親のヘンリー8世が地脈の研究家とか王に剣を奉げる奉剣の儀式とかね。

>自分は脱出せずに船と共に死ぬつもりですか!
本来アルマダ海戦では起こらない王の死で三征西班牙は場合によっては王の死もいとわないと他の国に印象づけてあとに残される者達の外交カードの手札を増やす礎になろうとしました。

>可愛いこと言ってますよ、この人。
ハイディはねぇ~^^;;可愛く見えてても彼女の中心はシロジロですのでシロジロが白って言えばたとえ真っ黒でも白といいますからね。

お返事です

>>長文失礼しますさん
極東以外は意外と柔軟な対応をしているんですね。
その柔軟さが極東にもあれば……。
正純が気の毒です。
メアリを見送った300人のご説明ありがとうございます。
恨み言でなく祝福、メアリにとっては救いですね。
武神もパイロット次第で能力は大きく変わるということですね。
トーリが食べていたのはやっぱり愛妻弁当でしたか。
愛が重たいですね(笑)

>>名無しさん
幽霊も一つの種族として存在できるって凄いですね。
自分が殺してきた300人からも祝福されたというのは
メアリにとって心の救いになりましたね。
ベルトコロッケ、どういう発想でそんなものを作ろうと
したのやら(笑)
武神も乗り手次第でその能力を存分に発揮できない、
逆に言うと1期の乗り手たちは、相当優秀だったんですね。

>>
カリバーンについては覚えていたのですが、コールブランドに
ついては記憶にありませんでした。
勉強になります。

>>みやんさん
原作はあれだけ分厚いですからね。
尺の都合で抜けている部分は仕方ないかもしれませんが残念です。
未読組は解説してくれる方がいないと分かりませんからね。
セグントは色々と考えて行動していますね。
外見は地味ですが、魅せてくれますね。
ハイディはとことんシロジロに惚れているということですね(笑)

Re:

点蔵はもげろと言いたくなりますが、セグンドは幸せになって欲しいですね(笑)。やっぱり人柄や過去の違いですかね。

フアナは教師風美女なのに、種族の特性からして中身は少女だし、情熱的で恋する乙女ですからね。セグンドに対するアレは激しいですよね!幼妻もいいですね。


セッ○ス発言がまさかこんな風になると(笑)。
二代が今までで一番可愛くて、女の表情をしているのがいいですね。そしてギンが精神的ダメージで気絶するのが可愛い(笑)。

お返事です

>>あるるかんさん
セグンドはこのままフアナに振り回され続けそうですね。
あの積極性からは逃げられそうもないですし(笑)
誤解が続いているあの発言により、二代がとんでもない失敗を(笑)
東の場合はまだ身内で済んでいましたが今回は……。
相手が悪すぎますね。

11話感想

点蔵告白の部分が若干カットされたのは残念でした。
メアリの話に関しては実は微妙な後日談があるわけですが・・・
それは最終回であるのかな。

実は二代のセッ○ス発言は今後も続いていきます。

お返事です

>>ガジョウさん
セリフカットは尺の都合上仕方なく、といったところでしょうか。
メアリの微妙な後日談は気になりますが、尺の余裕があるか
どうかですね。
二代のセ○クス発言、まだ引っ張るんですか!(笑)
それは気になりますね。

彼女たちにも自分の人生と忠義の理由があるのです

第11話の王賜剣を抜くシーンは原作で見どころだと感じたシーンでしたが、
アニメではちょっと説明と貯めが足りなくて物足りない気もします。
放送期間が十分だったらエリザベスとメアリの別れまでで1話分使えたのになあ………。

ダッドリーとセシルは副長と副会長で女王の側近ですが二人共、実務能力や
本人の希望ではなく、歴史再現の為に周囲から押し付けられての襲名者なのです。
ロバート・ダッドリーは聖譜記述(史実)ではエリザベスの愛人とも言われた男。
政争で投獄されたのをエリザベスに救われ、忠誠を誓うも、自分の妻を暗殺した
疑惑をかけられ凋落して死んだ。
栄華もあるが、その落下も確かで汚名もついてくる。
それ故に襲名は既存襲名者の血筋から、一人の少女に押し付けられた。
女ならスキャンダルの発生を防げるだろうという判断です。
だが念のためにダッドリーは投獄されたままにされ、
(その事はエリザベスには隠されていました)
ダッドリーは女王の存在を恨み何度も自殺しようとするも、その度に治療され生かされた。
しかし、ダッドリーの投獄を知ったエリザベスは牢獄の壁をぶち破って、
ダッドリーに対して牢から出るように言い、「淋しがりやの私には、城の中を
一人分賑やかにする為にお前が必要だ」と言ったのです。
ダッドリーがいまだに投獄の鉄球を外さず、痩せこけているのは
投獄が続いている事にしてスキャンダルの歴史再現を聖連から強制される事がないように
する為です。打ち払いの力はもともと投獄された闇の中で何もかも拒否するために
得た能力。しかしその力に妖精女王は意義を与え、聖譜顕装で手首の傷を
隠してくれました。それがダッドリーの忠義の理由です。

ウイリアム・セシルはエリザベスの友人であり、副官であったが
過食症によって英国における肥満の代名詞でもあります。
名誉な身分でありつつ不名誉な扱いを受ける存在。だから英国一のフードファイターが
襲名者として選ばれたのです。だけどもともとのセシルは食べることが好きなだけの
農家の娘。政治は右も左も分からないし、勉強なんて全然駄目。何も出来ない。
荷重術式も「流石にフードファイトだけじゃあなあ」と襲名した時にもらったもの。
だけどそんなセシルに、しっかりやれるのは食べる事くらいのセシルに、
女王はよく相談をしに来る。女王が以前光翼を出したとき、周囲が皆慌て、畏怖する中で
セシルだけは単にきれいだと思って手を叩いたのが気に入ったのかもしれません。
女王の相談に対して、セシルは良く分からないから当然の事しか言ってないはずだけど
それでいいらしい。
ウイリアム・セシルは聖譜記述によれば死の床についた時、長い期間に渡って
女王の献身的な看護を受ける。それがいつになるのか、どうなるのか、
自分のどこがいいのか解らないが、セシルはそうして貰えるだけの事ができたら
良いと思う。自分の良いところとは他の人を良くするものだから自分で解っていなくても
いいとセシルは思っているのです。

原作では喜美が「貴方の中にもこの踊りがあるわ」というセリフからセシルが
大事なことを教えてもらった気がすると感じるシーンがあったのですが省略されました。
残念……。

点蔵は結構頭いいんですよ。

点蔵は別に意識しているわけではないのだろうが、いや、言ってからは本人も
気づいているのでしょうが、メアリへの説得の言葉はトーリがホライゾンに対して
言った言葉によく似ている。それにメアリに対して大丈夫だと言う根拠が
トーリの世界征服が実現することが前提になっている。
この事からはなんだかんだいって点蔵がトーリを主として信頼している事が伺えます。
それに性格は全然違うように見えるが、同じような境遇、同じような選択をする女に
惚れるあたり、トーリと点蔵は目に見えるよりも似ているのでしょうか?
普段はパシらせる男とパシられる男としか見えないが、やはりトーリ第一の友は
点蔵だという事なのかもしれません。

原作ではトーリが点蔵に対して「嘘でもいいから理由を作って言え」と
言ったのはメアリが本心では説得されたがっているのだとトーリは言っていました。

王賜剣一型と二型については以前に書いたコメントを見てください。
原作によると、点蔵はヘンリー八世が王賜剣を抜けると豪語していたこと、
ヘンリー八世が圧縮空間や末世を研究していたこと、
そしてホライゾンの大罪武装の格納システムについて聞いたこと、
これらの事から、王賜剣が地核ではなく、地脈、空間を鞘としている事を推測しました。
それから折れた王賜剣一型が精霊より預けられたものなら、それを補修するのは
精霊の世界、つまり地脈の中である事、王賜剣二型は一型の保管庫を開ける鍵であり、
開けるためには王を認める剣を王に向けて抜く、すなわち王に剣を捧げる奉剣の儀式を
行う事が必要である事も推測しました。 もちろん裏付けをとる時間はなかったから
賭けである事に変わりはありませんが…………。
ヘンリー八世総長は地脈の研究からその事に気づいていたが二本の剣は必要ないと考え、
自分の二人の娘にたくそうと思っていたのではないかと点蔵は考えていたようです。
点蔵はみんなのフォロー役として良く言えば総合力の高い万能型、
悪くいえば器用貧乏、でも今回はその応用が効く頭のきれが役にたってくれました。

第二次アルマダ海戦へ

セグンドは自分が死ぬ事で三征西班牙の衰退の責任をとると共に
衰退の歴史再現を終わりとし、同時に三征西班牙は目的の為に聖譜記述の相違も
いとわぬという前例を交渉カードとして残すつもりでした。
しかし、例えセグンドが死んだほうが事態収集が容易だとしても、
それでも、それでも、フアナ達をはじめ皆が彼一人を死なせる事はできなかった。
彼は自分ができた事は僅かだと、このくらいだと言ったが、そのこのくらいに
フアナ副会長は救われたのだから。

第二次アルマダ海戦をやる事になったのはM.H.R.R.から聖連に対して、
武蔵が傭兵という存在に対して聖譜記述の越権を行なっている事と
フアナ達がセグンドを救出した事からアルマダ海戦の終結を認めないと通達したからです。
故に英国は武蔵の傭兵行為への抗議は無視するも、アルマダ海戦を無しにされない為に
アルマダ海戦続行を認めざるをえませんでした。
M.H.R.R.が抗議してきた理由は武蔵の傭兵が黙認されると皇帝の旧派側と対立する
領邦独立派の改派(プロテスタント)側が武蔵と組む恐れがあったからです。
M.H.R.R.と敵対中の六護式仏蘭西は通達に断固抗議しましたが、
各国、特に旧派諸国が武蔵への警戒と、三征西班牙と武蔵の共倒れを
狙える機会でもあったので戦闘続行の支持が多数派になりました。

トーリが食べていた形容しがたいフライはホライゾンが作った
バターコロッケ、革コロッケ、草コロッケです。
ホライゾンによると「どれも最善の判断で申しまして多分美味しいかと。衣が。」
自動人形は感情がないので味の好悪は主観では判断できません。
だから食べた人間の反応を見て知識を蓄積する。まずいという事はどういう事かを
知るために変なものを作る事もあるが、ホライゾンの場合はどうも料理への感性が
自動人形である事とは別にあやしいのかもしれません………。

グレイス・オマリがいった「恩を返す」の意味。
武蔵が英国に来る際、サン・マルティンの砲撃を受けた時、英国に跳弾する可能性を
考えて重力障壁で弾く事をしなかった事と砲撃の後に発生した気流から武蔵が
緩衝制御を用いて、自分たちの船を守ってくれたからというのが理由です。
グレイスは監視役として隠れて見ていたので武蔵を守ったのは命令違反です。
しかしエリザベスは「国の意向に従う海賊は海賊と呼ばぬ。こちらの顔色を窺う
くらいなら、無視して成果を上げてこいと、それでこその私掠船だと言ってある」として
逆に英国艦隊を動かす決心を促されたようです。
サン・マルティンやグラニュエールの乗員達は爆発前に術式符を使って
飛び降りたので死んでいません。

トラックバック

http://hienkyaku.blog50.fc2.com/tb.php/2920-d6e4d259

境界線上のホライゾン 2期   ~  第11話 花畑の合格者

境界線上のホライゾン  2期 第1話  ~  第11話 花畑の合格者 人類が天上から戻った時代。唯一人類が地球上で生活可能な土地を舞台に、改めて人類が天上へ戻ることを目的として

境界線上のホライゾンII 11「メアリ亡命!本多・二代の不倫疑惑!!」感想

  傷有りことメアリのために背中に傷を増やして点蔵は先を急ぎます。「残念だったな」しかしその女は妖精女王でなくメアリ!双子なのに巨乳の差を見破ります。全裸の友人もまた

境界線上のホライゾン?第11話『花畑の合格者』の感想レビュー

拙者は!メアリ殿と!!添い遂げるッ!!!回でした。 原作オビで格好良かった点蔵の名セリフのやりとりも忠実に再現されていて良かったですね。 ちゅーおねだりするところだけにち

境界線上のホライゾンⅡ 第11話「花畑の合格者」

傷有りの幽閉されている倫敦塔へと向かう点蔵・クロスユナイトは、行く手を阻むために現れたウオルター・ローリーの攻撃をかいくぐり、背中に掠り傷を負いながらも突破に成功。 意

境界線上のホライゾンII 第11話 「花畑の合格者」 感想

告白大作戦決行中な忍者の前に英国侍が立ちはだかる 以前は速攻で切り伏せられましたが逃げの一手なら点蔵くん負けはしない カラスのミルトンくんで相手の視界を奪って軽やかに

境界線上のホライゾンII 第11話「花畑の合格者」感想

「点蔵様、私のことを傷つけて下さいますか?」 「Jud.、……その傷を誇りに思って頂けるならば」 お姉ちゃんどいて! その犬臭い忍者殺せない! メアリ救出戦はクライマックス。

境界線上のホライゾンⅡ 第11話「花畑の合格者」

金!髪!巨乳っ!! まさに真理wっw! 分かります。良く分かります。 ただ、あの変装は見破れないよ。 なぜなら、あの位デカければどっちも真理だからwww GENESISシリー...

境界線上のホライゾンⅡ第11話感想

記事はこちら(TBもこちらへ) 元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2012/09/post-09a1.html

境界線上のホライゾンⅡ 第11話 花畑の合格者

ホライゾン2期 第11話。 点蔵の一世一代の告白。 以下感想

境界線上のホライゾンII 第11話 感想

 境界線上のホライゾンII  第11話 『花畑の合格者』 感想  次のページへ

境界線上のホライゾンII 第11話「花畑の合格者」

点蔵の方が、合否判定する方だったのね( ̄▽ ̄;)  立ちはだかったウォルター。 ここは戦わずに避けて逃げるのみですねw ミルトンの助けもあって前進です。

境界線上のホライゾンII第11話「花畑の合格者」レビュー・感想

あなたが嫌だと抵抗しても自分が必ずあなたを奪っていくでござる!!金!髪!巨乳!!いや~、ブレないね点蔵君♪ 処刑場へと一直線に向かう点蔵に妖精女王エリザベスとメアリの賭けの ...

境界線上のホライゾンII 第11話「花畑の合格者」

作画良し演出良し、これだけ見事に圧縮されたものを見ると、尚の事1クールでなく2クールでじっくり描いてほしかったとつくづく思います。それぞれの戦闘はもちろんなのですが、王賜

境界線上のホライゾンⅡ 11話 『花畑の合格者』

ホライゾンⅡ第11話、いよいよ点蔵の告白、そしてアルマダ海戦も佳境を迎えました。 やはりここで言うべきは、「点蔵もげろ!」ですかねw

プロフィール

ばん(こげぱんだ)

Author:ばん(こげぱんだ)
オリックス・バファローズファン。
安達&ディクソン、頑張れ!

レッスルエンジェルス、リンドリ、
ANGEL VOICE、錻力のアーチスト
ハリガネサービスを応援中。

当ブログはリンクフリーです。
用件等はこちらのメールフォームからお伝えください。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ
にほんブログ村

ついったー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリ

未分類 (0)
レッスルエンジェルス (420)
レッスルエンジェルス愛 (102)
レッスル愛大会 (82)
斉藤彰子物語 (37)
レッスルプレイ日記 (20)
レッスル駅伝 (37)
リング☆ドリーム (7)
野球 (614)
アニメ感想 (3047)
ガンダム00 (26)
ガンダムAGE (49)
ガンダムGのレコンギスタ (25)
ガンダムビルドファイターズ (53)
とある魔術の禁書目録 (27)
とある科学の超電磁砲 (48)
けいおん! (53)
ひだまりスケッチ (30)
GA芸術科アートデザインクラス (15)
きんいろモザイク (24)
きらら系作品 (41)
みなみけ (26)
DARKER THAN BLACK (15)
そらのおとしもの (15)
WORKING!! (50)
侵略!イカ娘  (25)
Fate (27)
TIGER & BUNNY (35)
Steins;Gate (24)
たまゆら (31)
ヤマノススメ (39)
夏目友人帳 (50)
ちはやふる (51)
境界線上のホライゾン (26)
モーレツ宇宙海賊 (27)
人類は衰退しました (17)
ガールズ&パンツァー (35)
リトルバスターズ! (48)
新世界より (25)
進撃の巨人 (26)
マジェスティックプリンス (28)
ログ・ホライズン (49)
蒼き鋼のアルペジオ (13)
未確認で進行形 (14)
シドニアの騎士 (24)
アルドノア・ゼロ (23)
月刊少女野崎くん (16)
蒼穹のファフナー (18)
うしおととら (38)
3月のライオン  (22)
幼女戦記 (10)
神撃のバハムート (35)
ノイタミナ (122)
漫画感想 (592)
キン肉マン (366)
ANGEL VOICE (137)
錻力のアーチスト (42)
本感想 (27)
ゲーム感想 (39)
アオイシロ (27)
おもちゃ箱 (19)
ブログ妖精ココロ (3)
雑記 (53)

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

Blog時計(百子)

プロ野球順位表

プロ野球データFreak
パリーグ順位表
セリーグ順位表

プロ野球ニュース

powered by プロ野球Freak
powered by プロ野球Freak

応援バナー

オリックス・バファローズ 公式サイト オリックス・バファローズ BsTV パ・リーグTV 『レッスルエンジェルス オフィシャルサイト』 『レッスルエンジェルス愛』 リング☆ドリーム 女子プロレス大戦 総合サイト 「アオイシロ」応援バナー 「アカイイト」応援バナー ガールズ&パンツァー 公式サイト たまゆら〜卒業写真〜 公式サイト TIGER & BUNNY 公式サイト

本棚

週間アクセスランキング

逆アクセスランキング(7日間)

天気予報

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。