夏雪ランデブー 第11話(最終回) 感想

この作品の真・主人公は島尾篤だったと。
六花と結ばれたとたんあれとは……亮介が不憫かも。
ハッピーエンドでよかったですけどね。

島尾に葉月への心変わりを告げたことを後悔する六花。
島尾の骨を手元に置き、彼をこの世につなぎとめた責任を感じた六花は、
自分もおそろいの骨になると告げる。
ショックを受ける葉月の目前で、六花は島尾に鋏を渡す。


 夏雪ランデブー 公式サイト

夏雪ランデブー 第2巻 初回限定生産版【Blu-ray】夏雪ランデブー 第2巻 初回限定生産版【Blu-ray】
(2012/11/23)
中村悠一、大原さやか 他

商品詳細を見る
亮介のことを好きになった六花。
けど、これは仕方のないことですよね。
篤が亡くなってから3年も経ってるし。

正論から言えば篤の存在は全否定、そりゃそうだ。

両想いだったことを嬉しがっている亮介。
喜んでいる場合じゃないんだけどねえ(笑)
こういったところが亮介の可愛いところですね。

これ以上ここにいるのはよくないと頭では分かっている篤。
けど、感情は別だと。
根腐れとは、言い方はアレかもしれませんが的確な表現だなぁ。

六花が願ったからここにいるってそれは言っちゃダメでしょ。
本当にそうだったとしても、全てを六花の所為にしちゃう言葉ですよ!

嘘を言わないことが罪になることもある。
まぁ、そういうこともあるかもしれませんが、ここはハッキリと
言わないといけない場面でしたからね。

責任を感じ、お揃いの骨になると言い出した六花。
止めようとする亮介ですが、その言葉が聞こえている篤は六花の言葉を
肯定するかのようにお誘いを……それはあかん!
というか、これって亮介が殺人犯になってしまわないですか。

鋏を振りかぶる篤を止めようと飛び込む亮介ですが、逆に吹き飛ばされました!
そして鳥籠という檻の中に閉じ込められた亮介。
また絵本の中に放り込まれたんですか。

今更ながら、とんでもないことに加担しちゃったのかと女王六花に零す亮介。
ちょっと体を貸すつもりが、こんなことになるとは思っていなかったんでしょうね。

鋏を振りかぶったものの六花を殺せなかった篤。
代わりに歯形を残しましたよ。

亮介の体を抜け出す篤。
最後に残した言葉は六花に聞こえていないんでしょうね。
聞かせるつもりもなかったんでしょうけど。

自分の体に戻って来た亮介。
篤に体を貸したことで、六花と篤に苦しい思いをさせたと謝る亮介。
苦しんだのは亮介も同じでしょうに、いい奴だなぁ。

「あの人の他に好きになったのが……葉月君……あなたでよかった」

六花を抱きしめキスをする亮介。
再婚の予定って、それは気が早いよ(笑)

篤の遺骨を一緒に食べてもいい。
倫理的にダメなら舐めて味見をするだけでもって、そこまでやりますか。

「これから先の店長の時間は俺が貰うんだから」

亮介も言うようになりましたね。

死ぬまで生きていくこの奇跡。
当たり前のことだけど重い言葉ですね。

六花の後を追うように亡くなった亮介。
65歳で亡くなったって43年後かよ!
篤がまだ成仏していませんね。

亮介の娘のユキと話しているのはミホですか。
ユキは目つきが悪いですね。
父親に似たのか。

六花はあれから髪を伸ばしたんですね。
あれからもイチャイチャし続けた夫婦だったようで(笑)

この家にある開かずの間って篤の部屋のことですか。
亮介の孫には篤のことが見えるんですね。

孫が開かずの間を開けると一面に花が!
これ、篤の見せた幻ですか。
ドアを開け閉めしたり幻を見せたりと、篤がパワーアップしていないですか。

孫にお願いをする篤。
一つは部屋の物を全部捨てること。
もう一つは篤のことを「おじいちゃん」と呼ぶこと
おいこら、吹き込むな(笑)
それともひょっとして、入れ替わった時にできた子供だったりするんでしょうか。
それは無いと思いますが。

笑みを浮かべながら空を漂い、上昇していく篤。
篤が成仏していなかったのは、六花と篤、二人の行く末を見守っていたと
そういうことなんでしょうね。
二人が亡くなったことで、これから篤も成仏するんだろうなぁ。

これで最終回、面白い作品でした。
中だるみ感があったのは残念ですが。
亮介と篤が入れ替わったまま最終回を迎えるとは思いませんでしたよ。
序盤の面白さに比べると中盤はやや残念だったかな。
それでも全体的に見れば良作品だったと思いますが。

スタッフの皆さん、お疲れ様でした。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村←よろしければ、ポチっとお願い致します。
ブログパーツアクセスランキング

第1話 感想
第2話 感想
第3話 感想
第4話 感想
第5話 感想
第6話 感想
第7話 感想
第8話 感想
第9話 感想
第10話 感想
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re:

島尾がまた意味深なことを言いますね…まあでも、亮介の孫であるのは嘘偽りないんですよね(笑)。
娘は顔が亮介にそっくりでしたねぇ、なんか態度もどことなく亮介に似てるような気がします。
まさか久しぶりに登場したミホが老婆とは……。彼女は色々と置いてきぼりを食らう人生ですね。ただ「孫の顔が見れた」と言っていたような気がするのですが、結婚したんでしょうかね?
中だるみが残念でしたね。それがなくて、もっと亮介と六花の新婚生活とかも描いてくれたらよかったです。

お返事です

>>あるるかんさん
もしあの時の子だったとしても遺伝的には亮介の子供ですからね。
実際にはどうなのか分かりませんが、最後まで引っ掻き回しますね。
ミホは出番が少なかったですね。
周りの人が自分を置いていなくなっていくのは、辛いものが
あったんじゃないかと思います。
亮介は六花とようやく……と思ったらこれですからね。
幸せな夫婦生活を見たかったですよ。

トラックバック

http://hienkyaku.blog50.fc2.com/tb.php/2918-107b6244

夏雪ランデブー  ~ 第11話 最終回

夏雪ランデブー 第1話~ 第11話 最終回 花屋でアルバイトをしている青年・葉月亮介は、店長の島尾六花に恋心を寄せていたが、彼女には六花の夫・島尾篤の霊が憑いており、葉月

夏雪ランデブー「第11話 」/ブログのエントリ

夏雪ランデブー「第11話 」に関するブログのエントリページです。

夏雪ランデブー:11話感想&総括

夏雪ランデブーの感想です。 篤の決断とその後は。

夏雪ランデブー 第11話

夏雪ランデブーの第11話を見ました。 第11話 傍で篤と六花の話を聞いていた亮介は六花と共に海に行き、宿に泊まったことを知る。 「じゃ、私が好きになった葉月くんは…葉月く...

夏雪ランデブー 第11話(最終回) あら...

「じゃぁ・・・私が好きになった葉月くんは、どこにいるの--------?」いよいよこの切ないお話にも決着の時が--------!!島尾なのか、葉月なのか。自分が好きになったのは誰?「どこ・...

夏雪ランデブー 第11話(最終回) あらすじ感想

「じゃぁ・・・私が好きになった葉月くんは、どこにいるの--------?」 いよいよこの切ないお話にも決着の時が--------!! 島尾なのか、葉月なのか。 自分が好きになったのは誰? ...

【感想】夏雪ランデブー 最終回 生きていくこの奇跡

夏雪ランデブー 11話 最終回 の感想を 怒って 泣いて そして笑って、光のあたる方へ進む 奇跡が起きて、花を満開の咲かす 開けない冬はない、凍えた3人に暖かい春が訪れた

夏雪ランデブー 第11話

夏雪ランデブー 第11話 私が好きになった葉月くんはどこにいるの? 自分の心変わりを篤に告げてしまった六花。 篤はいなくなったのに自分は今も生きて他の人を好きになった・

夏雪ランデブー 第11話

「僕たち どうすれば良いのかな…」 六花、篤、亮介、3人の出した答えは――― ついに最終回!   【最終話 あらすじ】 島尾に葉月への心変わりを告げたことを後悔する六花。島尾...

夏雪ランデブー 第11話(終)

優しくなるためのサヨナラ~♪

夏雪ランデブー 第11話

『島尾に葉月への心変わりを告げたことを後悔する六花。島尾の骨を手元に置き、彼をこの世につなぎとめた責任を感じた六花は、自分もおそろいの骨になると告げる。ショックを受ける...

夏雪ランデブー 第11話(最終回)

店長 いつの間に俺の事を… 両想いかぁ、そっかぁ…

「夏雪ランデブー」第11話 最終回

そうか。こう来たか。そうまとめたか! Amazon.co.jp ウィジェット

「夏雪ランデブー」第11話 簡略感想

時間とはかなくも儚き・・

夏雪ランデブー11話 最終回

 「どうしたら僕は君から 離れられるのかな----  僕はひとり 根腐れを起こしちゃったんだ・・・」 自分の悲しみが死んだ先でも彼を苦しめていたことに涙する六花。  「・・・

(アニメ感想) 夏雪ランデブー 第10話

投稿者・鳴沢楓 夏雪ランデブー 第1巻 初回限定生産版【DVD】(2012/10/19)中村悠一、大原さやか 他商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日夜11時

(終)夏雪ランデブー 第11話 感想

奇妙な三角関係の奇妙な結末 公式よりあらすじ 島尾に葉月への心変わりを告げたことを後悔する六花。島尾の骨を手元に置き、彼をこの世につなぎとめた責任を感じた六花は、自分も...

幽霊な三角関係、

アニメ「夏雪ランデブー」を見ました。 フジにて 木曜深夜にやってました おなじみノイタミナ枠です 花屋でバイトしている葉月、店長の六花、六花の病死した夫 篤 彼らの三角関係、...

夏雪ランデブー  全11話

こちら今期ノイタミナのひとつ 始まる前から期待していた作品です 松尾監督といえばプレスコ!ということでこの作品かなり声優さんの人数が少ないんですよね 松尾監督の持ち味は日...

プロフィール

ばん(こげぱんだ)

Author:ばん(こげぱんだ)
オリックス・バファローズファン。
安達&ディクソン、頑張れ!

レッスルエンジェルス、リンドリ、
ANGEL VOICE、錻力のアーチスト
ハリガネサービスを応援中。

当ブログはリンクフリーです。
用件等はこちらのメールフォームからお伝えください。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ
にほんブログ村

ついったー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリ

未分類 (0)
レッスルエンジェルス (420)
レッスルエンジェルス愛 (102)
レッスル愛大会 (82)
斉藤彰子物語 (37)
レッスルプレイ日記 (20)
レッスル駅伝 (37)
リング☆ドリーム (7)
野球 (614)
アニメ感想 (3045)
ガンダム00 (26)
ガンダムAGE (49)
ガンダムGのレコンギスタ (25)
ガンダムビルドファイターズ (53)
とある魔術の禁書目録 (27)
とある科学の超電磁砲 (48)
けいおん! (53)
ひだまりスケッチ (30)
GA芸術科アートデザインクラス (15)
きんいろモザイク (24)
きらら系作品 (41)
みなみけ (26)
DARKER THAN BLACK (15)
そらのおとしもの (15)
WORKING!! (50)
侵略!イカ娘  (25)
Fate (27)
TIGER & BUNNY (35)
Steins;Gate (24)
たまゆら (31)
ヤマノススメ (39)
夏目友人帳 (50)
ちはやふる (51)
境界線上のホライゾン (26)
モーレツ宇宙海賊 (27)
人類は衰退しました (17)
ガールズ&パンツァー (35)
リトルバスターズ! (48)
新世界より (25)
進撃の巨人 (26)
マジェスティックプリンス (28)
ログ・ホライズン (49)
蒼き鋼のアルペジオ (13)
未確認で進行形 (14)
シドニアの騎士 (24)
アルドノア・ゼロ (23)
月刊少女野崎くん (16)
蒼穹のファフナー (18)
うしおととら (38)
3月のライオン  (22)
幼女戦記 (10)
神撃のバハムート (35)
ノイタミナ (122)
漫画感想 (583)
キン肉マン (357)
ANGEL VOICE (137)
錻力のアーチスト (42)
本感想 (27)
ゲーム感想 (39)
アオイシロ (27)
おもちゃ箱 (19)
ブログ妖精ココロ (3)
雑記 (52)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

Blog時計(百子)

プロ野球順位表

プロ野球データFreak
パリーグ順位表
セリーグ順位表

プロ野球ニュース

powered by プロ野球Freak
powered by プロ野球Freak

応援バナー

オリックス・バファローズ 公式サイト オリックス・バファローズ BsTV パ・リーグTV 『レッスルエンジェルス オフィシャルサイト』 『レッスルエンジェルス愛』 リング☆ドリーム 女子プロレス大戦 総合サイト 「アオイシロ」応援バナー 「アカイイト」応援バナー ガールズ&パンツァー 公式サイト たまゆら〜卒業写真〜 公式サイト TIGER & BUNNY 公式サイト

本棚

週間アクセスランキング

逆アクセスランキング(7日間)

天気予報

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード