FC2ブログ

境界線上のホライゾンII 第6話 「広場の男女」 感想

トーリは強いですね。
決めるところはしっかり決める主人公、格好良かったですよ。

点蔵は爆ぜろ!(笑)

梅組と「女王の盾符」による相対戦が続く中、点蔵は傷有りとともに倫敦塔へ。
案内されたヘンリー八世の書斎には、神隠しの証である「二境紋」が
残されていて――。
一方、同人会場では、ネシンバラのもとにシェイクスピアが現れ、二人の過去の
因縁が明らかになる。
そして、トーリとホライゾンは倫敦市内の広場でデートをしながら、
武蔵の今後の方針を定めようとしていた。


 境界線上のホライゾン 公式サイト

-Side SunSet- 悲しみは誰の願いでもない-Side SunSet- 悲しみは誰の願いでもない
(2012/08/08)
結城アイラ

商品詳細を見る
倫敦塔に点蔵を案内する"傷有り"。
点蔵の知識、エロゲ『とっかえひっかえヘンリー八世』からかよ!
知識元がそれって(笑)

"傷有り"が可愛いですね。
点蔵がドギマギするのも無理ないですよ。

階段を上る"傷有り"のお尻を見て、なぜ尻はこうも丸いのかと考える点蔵(笑)
自分は胸派だけど"傷有り"なら尻派になってもって、おい!
興味深いものが見れるという"傷有り"に対し、既に見てるって気持ちは分かるけど
口に出しちゃダメでしょ。

"傷有り"のお尻をガン見する点蔵、これは尻愛になるのも無理ないですね。
"傷有り"は無防備すぎますよ。
点蔵は妙な構えをとってるし(笑)
"傷有り"が見せたかったのはヘンリー八世の公主隠し跡。
さすがにこんなものを見せられちゃ、真面目にならざるを得ないですね。

喜美がトーリとホライゾンの初デート用に用意したマニュアル。
急所は常にガードとか、いいスイーツの店を見つけたら姉に報告って
さすがは賢姉ですね(笑)

着ていたのが男子用の制服だったおかげで、間一髪でハットンの攻撃から
逃れることができた正純。
よくあの状態から抜け出しましたね、凄いですよ。

正純の貧乳コンビ相手のネイトですが、こちらの対戦は作画が凄いことに
なってますよ!
ウオルシンガムがネイト相手にレモンを使ったのは嗅覚を使い物に
ならなくするためかな。

ドレイク相手に推している、強いですね。
バナナの皮で足を滑らせながらの攻撃でドレイクの両腕を切り飛ばすって凄すぎ!
攻撃失敗途中から別種の攻撃に切り替えって、失敗途中からの攻撃は
巨きなる正義・旧代(右手)でも防ぎきれないんですね。

シェイクスピアからネシンバラに対する精神攻撃!
黒歴史は、明かさないであげて!(笑)

三人で結んだ約束。
もう一人は誰なのかと思っていたら、もう亡くなっていたのか。
シェイクスピアの「どっちかわかる?」という問いかけ、怖すぎる!

とドレイクの戦いを止めに入るディエゴとグレイス。
……金的はダメ!
ドレイクが目を回しちゃってますよ。
グレイスさん、容赦ないですね。

ネイト、次いで正純を助け出した浅間と喜美。
正純は綺麗なクッションの上へ(笑)
羨ましいですね。

何とか急所は避けたネイトですが、ヤバイ状況ですね。
ウオルシンガムの攻撃を貧乳回避したネイト。
自分で言いますか!
確かに巨乳だったら当たっていたので間違っていないですけど(笑)
自分ごと銀鎖で巻いて沈んでいくネイト、いい女ですよね。

ホライゾンにマスコットを付けるトーリ。
何でそんな可愛くないのを付けるかなぁ。
付けたマスコットはアレですが、言ってることは格好いいぞ、トーリ。

大罪武装はホライゾンの悲しい感情でできているので、そんなものは
いらないと泣きながら話すホライゾンに対しるトーリの言葉が、
これまたいいですね。
普段はふざけていても決めるべきところではしっかり決めてくるのが
トーリの凄いところですね。
しっかりと主人公をしているトーリ、強いなぁ。

トーリが喜美と浅間を呼ぶと、本当に出てきましたよ!
呼びかけたおかげで空間を繋げることができたって、流石!

音ゲーをプレイしているアデーレと鈴、くつろいでますね。
ダッドリーが仕掛けてくるのが分かると、緊急脱出するアデーレ。
二代から面妖なって言われてますよ!(笑)
蜻蛉切を如意棒のように使い、後を追う二代。
便利ですね、蜻蛉切。

点蔵に勝負を持ちかける"傷有り"。
点蔵の顔を見ることができれば"傷有り"の勝ち。
そう話していたところに建物が崩れる音が!
アデーレの所為でえらいことになってますよ!

素早い動きで子どもたちを助けた点蔵。
この子どもたちって前に助けた子どもたちなのかな。

点蔵に抱きつく"傷有り"
「破廉恥な、もっともっと」って点蔵(笑)

抱きついてきた"傷有り"が別人だと見抜き、飛びのいた点蔵。
よく見抜きましたね。

点蔵を挟んで対峙するエリザベスとメアリ。
"傷有り"はやっぱりメアリでしたか。
そうだろうとは思っていましたが、視聴者には予想がついていたことでも
登場人物である点蔵にとっては、そりゃ驚くわな。

次回 第7話「広間の語り部」

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村←よろしければ、ポチっとお願い致します。
ブログパーツアクセスランキング

2期の感想は↓
第1話 「朱の場の部員達」 感想
第2話 「舞台上の宣告者」 感想
第3話 「土上の下り者」 感想
第4話 「劇場の支配者」 感想
第5話 「猟場び人道主義者」 感想

1期の感想は↓
第1話 「境界線前の整列者達」 感想
第2話 「食事場の清純者」 感想
第3話 「街中の遊撃手」 感想
第4話 「夜天下の暗躍者」 感想
第5話 「月下の卒業者」 感想
第6話 「告白場の代弁手」 感想
第7話 「武蔵の騎士」 感想
第8話 「全域の支持者」 感想
第9話 「高嶺の花」 感想
第10話 「スタートラインのラッパ吹き」 感想
第11話 「武蔵の不可能男」 感想
第12話 「平行線上への相対者」 感想
第13話(最終回) 「境界線上の整列者達」 感想
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re:

前回に引き続き今回も戦闘シーンが魅力的でしたね。正直、『巨なる正義・旧代』の攻略法なんて思いつかずチートだと思いましたが、なるほど、多岐に渡る攻撃方法と失敗途中からの攻撃にまでは対応が追いつかないという弱点を利用していましたね。どうやら呼吸を阻害されてもギンは戦闘用の呼吸法を使ったりしていたらしいです。


浅間智の綺麗なクッションへのダイブは羨ましいですね。浅間智・賢姉・メアリはそれぞれどのくらいのサイズとカップなんでしょうね?

あとメアリの美尻が素晴らしかったです。きっと尻に限らず、身体中無駄な肉がないんでしょうね。

お返事です

>>あるるかんさん
のドレイクに対する戦法は凄かったですね。
ああいうやり方があったとは……。
すぐに実践できるあたり、センスを感じますね。
メアリはスタイルがいいので点蔵が釘付けになるのも
無理ないですね。
点蔵が羨ましいですよ。

No title

聖譜顕装「巨きなる正義」の効果を受けているのに、立花誾の攻撃が
ドレイクに当たっているのは、この聖譜顕装は矛盾を許容できないので、
失敗している最中の攻撃は「既にその効果によって相手が失敗している最中」なので、
再度失敗することはない。つまり誾は攻撃が外れた瞬間、足を滑らせ始めたその瞬間に
再度攻撃を放っているのです。それも巨きなる正義の行程化による失敗を避けるため、
次々と動作のパターンを変えながら攻撃し、千差万別な多方向からの
失敗の発生にもひるむことなく、呼吸が行程化され封じられても呼吸法を
変えることで対応する。立花の娘として、その芯まで武を叩き込まれているからこそ
できる戦い方ですね。バナナの皮で滑ったのも巨きなる正義の効果による失敗ですが、
誾は不意にそれが起こったその瞬間に攻撃したのです。

ウォルシンガムがネイトに対して檸檬の果汁を浴びせたのは嗅覚が
人間の1万倍の感度を持つ人狼家系のネイトにとっては柑橘類の臭いは刺激臭だからです。
刺激臭を大量に嗅がされた事で、嗅覚から全身の神経に拒絶反応が走ったのです。

アデーレがオクスフォード教導院の中に機動殻を持ち込めたのは、
正純が「アデーレはこの機動殻の中でないと眠れないのです。
それにこれは彼女の父親の形見。それを持ち込むなとは何と情けの無い………。
分厚いパジャマで済ませていただけませんか、これ。」とデタラメを言って
押し切ったのです。アデーレの機動殻は瓦礫に埋もれた時や水没した時の為に、
大跳躍が行える用になっています。駆動系まかせで人が来ている状態では使えず、
一度か二度しかできない。内部の人間に負担が掛かったり、潰れたりする可能性も
あるので探知機や通信系が充実した現在では一般の機動殻には絶対採用されない
様な仕様です。でもアデーレの父親の意向で中世技術書通りの従士用機動殻に
なっています。

第6話のホライゾンとトーリの会話は原作でも印象深いです。
「何かを得てもいずれ失って悲しくなるだけだから感情なんていらないです」
というホライゾンに対して、トーリは「ホライゾンを自分は一度失ったけど
その後も悲しいだけじゃなく、俺の知っているホライゾンが俺と一緒に居てくれた」
と答えました。やり直す事はできなくてもホライゾンが共にいてくれたからこそ、
自分は次の自分を続けていこうと思う事ができた、ということです。
「大罪武装は正の感情を与えてくれなかった。」というホライゾンに
対してのトーリの返答も良かったです。
「悲しみしか本当に持っていないならそこから抜け出せない、
「悲しくない」という状態になれるのは悲しみに抗う正の感情があるから。
今はゼロの状態からの始まりだったからその自覚がないだけだよ。」
そう言われてホライゾンは父親の事を思い出してトーリに言った。
「父の事を思っても初めて悲しんだ時の様に泣き叫ばなくなった自分は
酷い人間ではないのですか?」
それに対してトーリは「親が子供にずっと悲しみの束縛を与えようとする方が
酷いんじゃないか?親は子供に悲しみから立ち上がること望むものではないか?」
「泣かなくなったのはお前が悲しみに抗っているからだ。」
うん、やっぱり良いです。人が悲しみから立ち直れるのはその悲しみを「失った」
からではなく、その人の中に悲しみに抗う正の感情があるからだ、という考え方は
とても素敵だと思います。かつてホライゾンが死んだと思ったときに
拒食して、生きるのをやめようとした事もあり、しかしそこから立ち上がったトーリ
だからこそ説得力がある。この男はバカでバカでどうしようもなくバカなのに、
肝心な所で異様な程説得力のある事を言ってくるからずるいですね。
原作でも読んでいる内にだんだんこのバカが世界を征服するのが正しい事だと
思うようになってくるぐらいです。

点蔵がメアリとエリザベスを見分けられたのは髪に白の睡蓮が無かったからだけじゃなく、
傷有りが一人だけ事故の現場から距離を取るような人ではないという
確信があったからです。点蔵がメアリを見つけたときにとっさに声を掛けたのは
下がってくれる事を意図したのでなく、自分のフォローできない位置を任せる為です。
点蔵が傷有りではないとエリザベスの事を見抜いとき点蔵は傷有りのことについて、
背後の人の流れの向こうで誰かを救っているのだろうと推量しました。
よく彼女の事を理解していますね。

トラックバック

http://hienkyaku.blog50.fc2.com/tb.php/2867-ac185427

境界線上のホライゾンII 第6話「広場の男女」レビュー・感想

貧乳回避!! 各地で勃発する相対戦に苦戦する武蔵陣営。一人でも負けてしまえばトーリへの相対権限を与えてしまう、その危機に・・・?ネイトさん、自虐的過ぎますよwww

境界線上のホライゾンII 第6話「広場の男女」

傷有さんが点蔵くんを案内したのは、 ダブルブラッディ・メアリゆかりの倫敦塔。 実際のロンドンにも多くの塔がありますが、再現されたここもあるのですね。 ほとんどの塔には暗い歴史やら因縁話が残っていたり。 あまりデート向きな場所じゃないよねw

境界線上のホライゾン 2期   ~ 第6話 広場の男女

境界線上のホライゾン  2期 第1話  ~  第6話 広場の男女 人類が天上から戻った時代。唯一人類が地球上で生活可能な土地を舞台に、改めて人類が天上へ戻ることを目的として過去の歴史を再現する世界。極東と呼ばれる国の独立領土「武蔵」にある学院の生徒たちを取?...

境界線上のホライゾンⅡ第6話感想

記事はこちら(TBもこちらへ) 元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2012/08/post-bb42.html

境界線上のホライゾンII「第6話 広場の男女」/ブログのエントリ

境界線上のホライゾンII「第6話 広場の男女」に関するブログのエントリページです。

[感想] 境界線上のホライゾン2 第6話 「広場の男女」

とりあえず点蔵は爆発しろ下さい\(^o^)/ ということでvs英国の相対や傷有りさんの正体などが分かってきたホライゾン2期第6話。

境界線上のホライゾンⅡ 6話 「広場の男女」 感想

貧乳回避!! 自らの身を削ってまで忠義を尽くすネイト、健気だなー(泣)

境界線上のホライゾンⅡ 第6話 広場の男女

ホライゾン2期 第6話。 相対戦決着、そして物語はさらに動き出す。 以下感想

境界線上のホライゾンⅡ 第6話「広場の男女」

うぅ・・・歴史苦手。 誰が誰と尻あいで、誰と誰が親子だって? 歴史苦手な上あの尻見せられたら益々話が入ってこんな。

境界線上のホライゾンⅡ 6話 『猟場の人道主義者』

ホライゾンⅡ第6話、トーリとホライゾン、点蔵と傷有りがそれぞれ仲良くデートしているようですが、実は重要な意思決定があったり重大な事実が発覚したりと、ただ楽しいだけのデートという訳にはいきませんねw

境界線上のホライゾンII 第6話「広場の男女」、【原作】境界線上のホライゾンV

MBSでは次の土曜深夜に2話まとめて放送なのですが、とてもそれまで我慢できません(笑)ので、BS11で見ることにしました。先週10日に買った原作新刊(5〈上〉巻)を読んだ雑感も含めて

境界線上のホライゾンⅡ 第6話「広場の男女」

3年梅組と女王の盾符(トランプ)の相対戦。 一人でも相対に負ければ、葵・トーリとの相対を許す事になり、トーリとホライゾン・アリアダストのデートを邪魔することになるため、

プロフィール

ばん(こげぱんだ)

Author:ばん(こげぱんだ)
オリックス・バファローズファン。
安達&ディクソン、頑張れ!

レッスルエンジェルス、リンドリ、
ANGEL VOICE、錻力のアーチスト
ハリガネサービスを応援中。

当ブログはリンクフリーです。
用件等はこちらのメールフォームからお伝えください。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ
にほんブログ村

ついったー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリ

未分類 (0)
レッスルエンジェルス (420)
レッスルエンジェルス愛 (102)
レッスル愛大会 (82)
斉藤彰子物語 (37)
レッスルプレイ日記 (20)
レッスル駅伝 (37)
リング☆ドリーム (7)
野球 (614)
アニメ感想 (3047)
ガンダム00 (26)
ガンダムAGE (49)
ガンダムGのレコンギスタ (25)
ガンダムビルドファイターズ (53)
とある魔術の禁書目録 (27)
とある科学の超電磁砲 (48)
けいおん! (53)
ひだまりスケッチ (30)
GA芸術科アートデザインクラス (15)
きんいろモザイク (24)
きらら系作品 (41)
みなみけ (26)
DARKER THAN BLACK (15)
そらのおとしもの (15)
WORKING!! (50)
侵略!イカ娘  (25)
Fate (27)
TIGER & BUNNY (35)
Steins;Gate (24)
たまゆら (31)
ヤマノススメ (39)
夏目友人帳 (50)
ちはやふる (51)
境界線上のホライゾン (26)
モーレツ宇宙海賊 (27)
人類は衰退しました (17)
ガールズ&パンツァー (35)
リトルバスターズ! (48)
新世界より (25)
進撃の巨人 (26)
マジェスティックプリンス (28)
ログ・ホライズン (49)
蒼き鋼のアルペジオ (13)
未確認で進行形 (14)
シドニアの騎士 (24)
アルドノア・ゼロ (23)
月刊少女野崎くん (16)
蒼穹のファフナー (18)
うしおととら (38)
3月のライオン  (22)
幼女戦記 (10)
神撃のバハムート (35)
ノイタミナ (122)
漫画感想 (592)
キン肉マン (366)
ANGEL VOICE (137)
錻力のアーチスト (42)
本感想 (27)
ゲーム感想 (39)
アオイシロ (27)
おもちゃ箱 (19)
ブログ妖精ココロ (3)
雑記 (53)

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

Blog時計(百子)

プロ野球順位表

プロ野球データFreak
パリーグ順位表
セリーグ順位表

プロ野球ニュース

powered by プロ野球Freak
powered by プロ野球Freak

応援バナー

オリックス・バファローズ 公式サイト オリックス・バファローズ BsTV パ・リーグTV 『レッスルエンジェルス オフィシャルサイト』 『レッスルエンジェルス愛』 リング☆ドリーム 女子プロレス大戦 総合サイト 「アオイシロ」応援バナー 「アカイイト」応援バナー ガールズ&パンツァー 公式サイト たまゆら〜卒業写真〜 公式サイト TIGER & BUNNY 公式サイト

本棚

週間アクセスランキング

逆アクセスランキング(7日間)

天気予報

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード