FC2ブログ

氷菓 第11話 「愚者のエンドロール」 感想

入須先輩も凄かったけど、奉太郎の姉貴はもっと凄かった!
奉太郎も大変ですね、色々と。

奉太郎に詰め寄る摩耶花。
真意を確かめる里志。
自分自身の思いを伝えるえる。
3人のいつになく厳しい表情に困惑する奉太郎。


 氷菓 公式サイト

氷菓 限定版 第2巻 [Blu-ray]氷菓 限定版 第2巻 [Blu-ray]
(2012/07/27)
中村悠一、佐藤聡美 他

商品詳細を見る
摩耶花にザイルのことを指摘された奉太郎。
トリックに使われたとは限らないと反論しますが、それなら本郷先輩は
何故あんなに郷土に拘ったのかと反論されて……。
自分が間違ってるかもと気を使う摩耶花。
皆と相談しながらやっていたら、奉太郎もザイルのことには
気づいていたんでしょうけどね。
一人だと視野が狭くなることありますから。
奉太郎と摩耶花の身長差、こんなにあったんですね。

何故忘れていたのかと自問する奉太郎。
そこに里志から、あのトリックは本郷先輩の考えとは違うと
言われましたよ!
叙述トリックについて話し出す里志。
素人同然の本郷先輩が参考に使ったのはホームズ。
そしてホームズには叙述トリックは存在しないと指摘。
奉太郎は違う本や映画から参考にしたかもと反論しますが
本人も言い訳だと分かっているんでしょうね。

そして今度はえるの番。
えるが気になっていたのは本郷先輩の事。
入須先輩は江波先輩に本郷先輩がどんなトリックを考えていたのか
聞いてもらわなかったのか。
確かにこれは気になるところですよね。
普通は聞くでしょうから。
クラスの他の人はいい人……小道具係の羽場先輩はそうですかね。
本郷先輩の脚本に不満があったようにも思えるけど。
本郷先輩を追いつめたのは何なのかを知りたかったえる。
二日酔いさえなければこの意見がもっと早く聞けたんですけどね。

脚本に本郷先輩の気持ちが込められていると考えもしなかった奉太郎。
心象風景での探偵役が操り人形となっていましたが、この事件での
奉太郎はそんな感じになっていましたからね。

何を間違っていたのか自問し気にすることじゃない省エネじゃないと
自分に言い聞かせながらも頭から離れない奉太郎。
気晴らしに「神秘のタロット」という本を手に取り、入須先輩や
えるたちの例えたアルカナを調べ始め……里志が奉太郎を「力」に
例えた理由を知りましたね(笑)
否定していましたが、心当たりがある時点で認めているのも同然ですね(笑)
味方を変える、ここから何かに気付いたようですよ!

翌日、入須先輩に話をする奉太郎。
言葉使いがキツイですね。
入須先輩に対し、怒っていますよ。

自分は探偵でなく推理作家だったんじゃないかと詰め寄る奉太郎。
本郷先輩が読んだ小説に挟んであったメモを書き写したものを
見せる奉太郎。
◎が付いている作品は登場人物が生きている話し、×は死ぬ話だと
里志から確認し、本郷先輩はハッピーエンドを望み、悲劇、人が死ぬ話を
嫌ったと推測。
血糊の量が少なかったのも、そういう理由ですか。

アンケート結果を入須先輩に見せる奉太郎、目が怖いですよ。
死者数が100人以上というのが1票ありましたが、そりゃありえないですよね。
これが有効票なら無効票は何なのか。
それは死者が0人であり、本郷先輩の投票だったと。
クラスメートがアドリブと暴走を繰り返したと。
脚本には海藤先輩が死んだとは一言も書かれていなかったことも指摘。

気が弱い本郷先輩は映像が脚本と違うことを言い出せなかった。
だから入須先輩は本郷先輩を病気にしたと。
そして推理大会と言う名のシナリオコンテストを実施したと。

なるほど、それで推理作家、ですか。
入須先輩は「犯人は誰だと思う?」と聞いていましたからね。
それにより見方を変えられていたということですか。

入須先輩は能力のある人間の無自覚は能力のない人間には辛辣だと
言っていたが、入須先輩は能力の無い人間のことは気にしない。
見ているのは結論だけだとも指摘し、肯定する入須先輩。

他人に評価されるということの嬉しさ、それを上手く利用されたのだから
奉太郎が怒るのも無理ないですね。
里志が言っていた通り、人を使うのが上手いですね、入須先輩。

心からの言葉でないのを嘘だというのは奉太郎の自由だと返す入須先輩。
怖いなぁ。

人形劇探偵劇場に張り紙の「君にこの謎が解けるか」という一文を見て
拳を叩きつける奉太郎。
入須先輩から認められたことが嬉しかっただけに、それが利用されただけだと
分かって悔しくてたまらないんでしょうね。

チャットでの"まゆこ"が本郷先輩ですか。
"あ・た・し"というのが奉太郎の姉なんでしょうね。

入須先輩が奉太郎の姉に助けを求めた理由。
それは本郷先輩を守ろうとしたのではなく、脚本がつまらなかったからかよ!
そのことを見抜いていた姉貴、こちらの方が一枚上手ですね。

本郷先輩の脚本がどんなものだったのか奉太郎に尋ねるえる。
自分らしく、か。
奉太郎の推測では犯人は鴻巣先輩。
海藤先輩を刺した後、刺した理由を聞いた海藤先輩は鴻巣先輩を逃がし
自分で移動した後、鍵をかけたと。
密室にしたのは自分の所為にするため、怪我はガラスの所為にすると。
確かにこれは推理物としてはつまらないですね。
そして七人目はカメラマンでなくナレーターでしたか。

今回の件について、えるは何か知っていたのじゃないかと尋ねる奉太郎。
本郷先輩が自分と似ている気がしたから三人の探偵役の推理には納得が
いかなかった、人が亡くなる話は嫌いだと答えるえる。
そういえばミステリーは自分に合わないと思って読むのを止めたと
言っていましたね。
こういう理由だったんだ。

次回 第12話「限りなく積まれた例のあれ」

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村←よろしければ、ポチっとお願い致します。
ブログパーツアクセスランキング

第1話 「伝統ある古典部の再生」 感想
第2話 「名誉ある古典部の活動」 感想
第3話 「事情ある古典部の末裔」 感想
第4話 「栄光ある古典部の昔日」 感想
第5話 「歴史ある古典部の真実」 感想
第6話 「大罪を犯す」 感想
第7話 「正体見たり」 感想
第8話 「試写会に行こう!」 感想
第9話 「古丘廃村殺人事件」 感想
第10話 「万人の死角」 感想
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re:

今回も面白かったですね(^^)

現代版コナン君ですね。

推理も面白いし、話の結末も巧い。

久し振りに良いアニメに会えました!

Re:

奉太郎の姉・供恵は大アルカナに喩えると「世界」ですかね。所詮女帝も世界の掌中で操られる傀儡でしかなく、世界と比べれば芥子粒と変わらないみたいな感じです。世界には女帝もプライミッツマーダーも従うしかないみたいな。


今回は演出に思うところがありました、原作では井原はもっと慎重に言葉を選ぶ風情だし、里志ももっと落ち着いてました。
だけれども、アニメではさも奉太郎を糾弾しているように見えてしまうのが残念です。里志なんかがまさにそうですね。彼らは「奉太郎のトリック」なら素直に称賛します。しかし「本郷の真意」だと思って奉太郎が考案したから否定的で各々気になる点を指摘していました。
ネットで見かけた、部員たちは奉太郎にすべて押し付けたのに間違っていると思ったらみんなで叩いていると思われてしまう原因だと思います。アニメでもトリックはよかったとみんな言ってますが、ばつの悪そうな表情が視聴者に誤解を招きそうでした。


奉太郎が怒ったのは、入須に持ち上げられて自分の主義を安易に曲げてしまい、また有頂天になってしまった自らへの怒りと羞恥が原因が大部分でした。もちろん徒に人を駒のように弄んだ(奉太郎にはそう思えたし、入須も自分がことを動かしているつもりだった)入須への怒りでしたね。奉太郎の陰のある表情と中村さんの演技も相まってかなり怖い奉太郎でしたね。まあ道化としてまんまと踊らされていたのは覆しようのないことですが、あそこで問い詰めたのは奉太郎の気位ですね。悪くないと思いますよ。


まあ今回の事件は、鬼畜姉が入須を利用した愚弟の奉太郎に課した試練(別名:嫌がらせ)とも思えますよね。奉太郎の致命的なミスは「なぜ誰も本郷にトリックを訊かなかったのか?」を勝手に自己完結させて、無視して忘れてしまったことでした。それさえ見逃さなければ、奉太郎は曹操に入須の思惑や本郷の真意にも気づいて、入須の甘いささやきも受け流して単なるオブザーバーに徹して、脚本家なんかにならずにすんだのですがね。ここら辺、井原曰、「人を見ない」奉太郎の弱点でしたね。それを気づかせるために鬼畜なお姉さんは入須を差し向けたのかなと思いました。



入須も損な役回りでしたよね。入須の一人勝ちに見えて実はあまり得るものはなかったと思います。結局、諸悪の根源はクラスで決めたことを守らずに脚本を書いた本郷、アドリブと言う名の暴走をするクラスでした。その事態の収拾に奔走して、供恵に利用されるし、奉太郎から恨みを買ってしまう。しかも供恵には見透かしたようなことを言われてしまいました。当たっていたようでしたね。
まあ女帝と言っても井の中の蛙ですか。まだ十代だし、それくらいが分相応だとは思います。
次回以降も入須はちょくちょく登場しますが、本当に奉太郎を買っていたような節もあるんですよ、もしそいならば不本意でしょうね。



ちなみに私服の入須は大きな胸が強調されてエロかったですね!!ゆかなボイスもあって入須はエロくて美しいキャラになって満足でした。
当初は岩男潤子さんのイメージだったんですよ。なぜかTo Heartの芹香を彷彿しまして(笑)。

No title

『氷菓』の一件を思わせる思わせる展開でしたね。
幸太郎が必死に考えた推理が真実でなかったり、大勢の暴走が引き起こした悲劇が真相だったり、幸太郎が憤りを見せたり、姉の手の平の上だったりと。
幸太郎の憤りの種類はだいぶ違いますけどね。
第五話では、関谷純のために憤っていましてけど、今回は、いいように利用されたことと簡単に乗せられた自分自身に対する憤りですからね。
それに、関谷純は純粋な被害者というイメージが強かったですね。それを叫べなかった気の弱さは本郷と共通しますけど。
本郷は、気が弱いだけでなく、クラスで決めた通りの脚本を書かなかったわけで、今回の事態を引き起こした責任の一端はあると思います。

えるは人が死ぬ話が嫌いで、心に重点が置かれてる話が好きみたいですが、それは正にこの作品の事ですね。
死人が出なくても面白いミステリー。探偵役の推理がいつも正しいとは限らず、心を重要視した伏線が張られた展開。
とても面白いですね。物騒な事件を解決するだけがミステリーじゃないということですね。

お返事です

>>コーディーさん
話しはどんどん面白くなってきていますね。
日常ミステリー、いい感じですね。
これからも期待したいですね。

>>あるるかんさん
奉太郎の姉貴、かなりのやり手ですね。
とらえどころがなくて、敵にはしたくないですよ。
えるたち三人は奉太郎を責めているように見えましたね。
否定していましたが、そういう風に見えますよ。
奉太郎が入須先輩に踊らされる形になったのは仕方ないかと
いう気がしますけどね。
自分を認め評価してくれる人、しかも美人とくればね。
怒っている奉太郎、迫力がありましたね。
流石はプロですよ。

>>河原さん
確かに『氷菓』と似ている部分はありますね。
本郷にも責任の一端はあるでしょうけど、素人が
脚本を書かされる羽目になったのだから、ある程度は
仕方ないかなぁという気もします。
こういった感じのミステリーも面白いですね。
『コナン』や『金田一』のように血なまぐさい事件に
巻き込まれるばかりでないということで、これはこれで
いいと思います。

No title

原作読んでないけど里志が憤ってる(?)理由はちゃんと分かりました
でも、確かにちょっとオーバーな表現だったかもしれません
前回の奉太郎とのやり取りをちゃんと憶えてないと糾弾してるように見えたかも
おそらく、文章で一気に読んでしまう小説であれば割と冷静な口調でも里志の感情の流れを正確に拾えるけど、一週間置いて視覚効果に引きずられるアニメで普通に喋らせると何も気にしてないように見えると判断したのでは……
その辺はどっちが良かったのか微妙なところで、アニメ化の難しい部分なのでしょうね

お返事です

>>名無しさん
小説だとおそらく気にならなかったのでしょうけどアニメでは
表情や口調などから糾弾しているように見えますね。
どちらの方がいいというのではなく、それぞれの特徴
なのでしょうけど。
淡々とした感じになるよりは、少しオーバーに見えても
こちらの方が分かりやすいと考えての事なのかもしれませんね。

トラックバック

http://hienkyaku.blog50.fc2.com/tb.php/2807-8e7535bb

「氷菓」第11話

推理作家だった… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201207020000/ 氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray]角川書店 2012-06-29売り上げランキング : 41Amazonで詳しく...

氷菓 第十一話「愚者のエンドロール」

氷菓 第十一話「愚者のエンドロール」です。 アニメ版『氷菓』も、原作ですと2冊目

氷菓 第11話

関連リンクhttp://www.kotenbu.com/第11話 愚者のエンドロール摩耶花の指摘により自分の推理の矛盾に気づいた奉太郎果たして本当の真相とは…摩耶花の指摘の後今度は里志から呼び止められ指摘されることに奉太郎の解答は叙述トリックというものしかしホームズしか読ん...

氷菓 第11話「愚者のエンドロール」の感想

 奉太郎フルボッコ状態…これ奉太郎が一人で謎解きしないで、みんなの意見とか聴いて話し合えば良かったのだろうか… 【簡単なあらすじ】  奉太郎は見事入須女帝先輩の期待に応え、未完のミステリー映画...

氷菓 11話「全ては入須先輩の手の内に」(感想)

今回こそ回答編。 推理を解くポイントは 映画の続きを解決することではなく 脚本家本郷の心と入須先輩の心を 読み解くところにありました。  

【感想】氷菓 11話 それを嘘と言うのは君の自由よ

氷菓 11話「愚者のエンドロール」 の感想を そう、それが理由

氷菓 第11話 「愚者のエンドロール」

 奉太郎はタロットでいうと力。里志の例えが面白いですね。

氷菓   ~  第11話 愚者のエンドロール

氷菓  第1話 ~  第11話 愚者のエンドロール 省エネを信条とする高校一年生、折木奉太郎は、ひょんなことから廃部寸前のクラブ「古典部」に入部することに。「古典部」で出会った好奇心旺盛なヒロイン...

氷菓 第11話「愚者のエンドロール」

氷菓の第11話を見ました 第11話 愚者のエンドロール 「カメラマンが7人目ってのは面白かったし、登場人物全員が一斉にカメラ目線になるシーンは迫力もあったわ。でも、あれじゃどこにもザイルの出番...

氷菓 第11話 愚者のエンドロール

氷菓 第11話。 映画の脚本の真実、奉太郎に課せられた本当の役割は・・・。 以下感想

氷菓 -HYOUKA- 第11話 感想

 氷菓 -HYOUKA-  第11話 『愚者のエンドロール』 感想  次のページへ

氷菓 11話感想

ドリーム「騙す方が悪いに決まってるじゃない!!」

氷菓 第11話 感想「愚者のエンドロール」

氷菓ですが、このエピソードもようやく完結するようです。折木奉太郎の推理も二転三転しますが、叙述トリックがホームズにはないなど論理的に否定されてしまいます。そんな中、千反田えるも復活します。(以下に続きます)

『氷菓』#11「愚者のエンドロール」

「本郷さんを追い詰めたのは一体何なのか、 それが知りたかったんです」 奉太郎の推理により映画が出来上がったが、 それを見てあまり納得していない様子の古典部メンバー。 奉太郎は自分が回答に合わせて問題を捻じ曲げてしまったのかと、思い悩むが…

氷菓 第11話 「愚者のエンドロール」

「まだ日が高いですね、少し川辺をお散歩しませんか?」 えるのお誘いヒャッホォーーウ!! 川辺をお散歩しませんか?この言葉をえるが放つだけでなんと心地の良い響き・・・メンタル的にダメージを受けている奉太郎に気を遣った優しい微笑のお誘いが素敵だった(^ω^)

氷菓 第11話「愚者のエンドロール」 レビュー・感想

実は私も人の亡くなるお話は嫌いなんです。 優しすぎる脚本家、本郷真由。その心の叫びに気付いていたのはえる唯一人だったのかもしれません。そんな彼女から探偵、折木奉太郎は ...

[アニメ]氷菓 第11話「愚者のエンドロール」

本当にサブタイ通りで痺れた。この4話完結の物語を締めくくるに最適かつ最高な終わり方でした。もう心を締め付けるけれど、希望が見えてより一層この作品の主旨が好きになりました。

氷菓 第11話「愚者のエンドロール」 感想!

本郷脚本を全部読んでみたい。

氷菓 第11話「愚者のエンドロール」 感想

奉太郎も女帝の手の平の上で踊らされた憐れな犠牲者の一人にすぎないって事さ。 あらすじ 奉太郎に詰め寄る摩耶花。真意を確かめる里志。自分自身の思いを伝えるえる。3人のいつになく厳しい表情に困惑す...

氷菓「第11話 愚者のエンドロール」/ブログのエントリ

氷菓「第11話 愚者のエンドロール」に関するブログのエントリページです。

氷菓 第11話「愚者のエンドロール」感想

ザイルの出番がない∑(゚д゚ノ)ノ まさか名探偵、折木奉太郎が見落としてしまうなんて・・・ 入須冬実先輩に乗せられてまわりが見えなくなっちゃったんですね。 人は見たいものしか見ないってやつでしょうか(´...

氷菓 #11「愚者のエンドロール」感想

おそらく今回で一区切りの山場前回折木が推理したモノで無事に上映会が終わったのだが古典部の面々は納得がいかない致命的な穴と叙述トリックが使われている事実の謎そしてえるは作者自身への気遣いへ目を向ける親友にも続きを託せないほどの訳があるのではと。折木の推理...

氷菓 11話「シナリオのないシナリオ」感想

「どこにもザイルが出てこないじゃない!」あの推理は思い込み?もしや致命的な失敗?福部 里志(ふくべ さとし)「あのトリックは正解じゃない。」ホームズ好きなら叙述トリックではない。カメラマン犯人説は水泡に帰した。千反田 える(ちたんだ える)「どうして身近な...

氷菓 第11話「愚者のエンドロール」

氷菓 通常版 第1巻 [DVD](2012/06/29)中村悠一、佐藤聡美 他商品詳細を見る  叙述トリックはホームズに存在しない。初めて知りました。そういうのは外道的な雰囲気もあり、発達するのが遅れたかなと考えてし...

氷菓第11話感想

記事はこちら(TBもこちらへ) 元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2012/07/post-dfba.html

[感想] 氷菓 第11話 「愚者のエンドロール」

女帝に騙され愚者な奉太郎のエンドロールもこれにて決着。あとやっぱりえるちゃんはマジ天使w ということで愚者編は女帝の怖さと奉太郎の責められっぷりをマジマジと見せつけられた内容だった氷菓第11話。

氷菓 第11話

「愚者のエンドロール」 心からの言葉ではない …それを嘘を呼ぶのは君の自由よ…

氷菓 #11

【愚者のエンドロール】 氷菓 限定版 第2巻 [Blu-ray]出演:中村悠一角川書店(2012-07-27)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 俺は無意識に無視していたのか? 

氷菓 第11話「愚者のエンドロール」 感想

今回で原作2巻目の愚者のエンドロールが終わりに。奉太郎は本郷の真意に気づくことはできるんでしょうか…?今回の見所は追い詰められる奉太郎、奉太郎対入須。入須先輩怖すぎる~。あと7/8には11.5話が配信されるようです。お見逃しなく!

氷菓:11話感想

氷菓の感想です。 この映画製作の真相とは。

氷菓 第11話「愚者のエンドロール」

サブタイがなるほどで 良いですね~♪  何でも興味を示しちゃう者って意味もあるタロットの『愚者』。 好奇心の塊のえるちゃんにはピッタリですね (´▽`*) 『愚者』とは 本質を見極める目を持ってる。 えるちゃんが興味を持つのは 謎ではなく 人の方?...

氷菓 11話 プーアル茶など

何かほろ苦い結果になったようで・・・

氷菓 11話 「愚者のエンドロール」 感想

そして彼はまた元の世界へ。

氷菓 第11話 『愚者のエンドロール』 感想

僕の考えは、けっこう合っていたのか? 氷菓 第11話 『愚者のエンドロール』 のレビューです。

氷菓 第11話 「愚者のエンドロール」 感想

温故知新―

氷菓 第11話 【愚者のエンドロール】 感想

なんで忘れていたのか? 無意識に無視していたのか? 折木の苦悩は続く…永遠にw(←コラ) 氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray](2012/06/29)中村悠一、佐藤聡美 他商品詳細を見る

氷菓 第11話

 長かったなぁ、、、というか、氷菓が長かったんじゃなくて、

氷菓 第11話の感想

らしく。 氷菓 第11話 「愚者のエンドロール」の感想です。 氷菓 限定版 第2巻 [Blu-ray]新品価格¥5,390から(2012/7/2 23:47時点)

氷菓 #11 「愚者のエンドロール」

本当の気持ちと建前の相克  どうも、管理人です。分かっていたとはいえ、やんわりと方向転換を求められるのはあんまし良い気がしないですね。実質やり方を変えろと言われてるようなものですし、それが出来るなら遠の昔に(ry 入須:「心からの言葉ではない。そ...

氷菓 11話「愚者のエンドロール」

摩耶花の出番が少なかったかな(^^; 氷菓 限定版 第2巻 [Blu-ray](2012/07/27)中村悠一、佐藤聡美 他商品詳細を見る

氷菓 第11話 「愚者のエンドロール」

氷菓 限定版 第2巻 [DVD](2012/07/27)中村悠一、佐藤聡美 他商品詳細を見る  ザイルが使われていないことに気付いた伊原摩耶花。 そして奉太郎が考えたトリックは、本郷の考えが見えないことを...

氷菓 第11話「愚者のエンドロール」

氷菓 限定版 第2巻 [Blu-ray]『実は私も人が亡くなるお話は嫌いなんです』 製作:京都アニメーション 監督:武本康弘 原作・構成協力:米澤穂信 折木奉太郎:中村悠一 千反田える:佐藤聡美 福部里志:阪口大助 伊原摩耶花: 茅野愛衣

『氷菓』 第11話 観ました

実は…この答えが知りたくて先週の放送が始まる前に『愚者のエンドロール』の原作を読んでしまっていたキツネです。意思がよわいなぁ~… このミステリー映画のシナリオを完成させろと言う入須先輩からの命題に見事に答えたかと思えた矢崎、奉太郎は古典部の面々から、キ...

(アニメ感想) 氷菓 第11話 「愚者のエンドロール」

投稿者・ピッコロ 氷菓 限定版 第1巻 [DVD](2012/06/29)中村悠一、佐藤聡美 他商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日夜11時からアニメ系ネットラジオ「ピッコ...

氷菓 「愚者のエンドロール」

策士すぎる でもみんな苛めすぎだろ

氷菓 第11話「愚者のエンドロール」

すべてあの女(ひと)の掌の上で踊らされていただけだったのか・・・

氷菓11話 青春はやさしいだけじゃない

氷菓の11話を見ましたよ。 いやー、よかったですね。 うじうじ奉太郎くんな! 自分の考えた推理を 摩耶花、里志、える、 それぞれに批判されてしまい、 なにが不味かったのかとモンモンと していたらベットか...

氷菓 第十一話『愚者のエンドロール』感想

「カメラマンが七人目ってのは面白かったし、登場人物が一斉にカメラ目線になるシーンも迫力があったわ」 「でも・・・、あれじゃどこにもザイルの出番がないじゃない」 「っ」 折木の案を採用し完成...

氷菓~#11「愚者のエンドロール」

 神山高校1年B組の折木奉太郎(おれきほうたろう)は姉が所属していたものの、部員不在で廃部寸前な古典部に入部。 学校生活の中でおこる謎を次々と解決していく、第11話伊原「...

2012年02クール 新作アニメ 氷果 第11話 雑感

[氷果] ブログ村キーワード 氷菓 第11話 「愚者のエンドロール」 #kotenbu2012 #ep11 京都アニメーションの渾身の作品。原作は、米澤 穂信氏。青春ミステリーということでどんな内容なのか楽しみ...

氷菓 第11話「愚者のエンドロール」

今回の奉太郎と入須の対峙、緊張感が程よく表現されてましたね。なぜ奉太郎に依頼することになったのか、その真意を悟られたことに気づいてからの入須は誤魔化したり安易に言い訳や慰め・謝罪の言葉など口にすることなく、奉太郎の責めに近い言葉すべてを甘受していました...

氷菓 第十一話「愚者のエンドロール」

 ……良かった。  …クラス中からハブられて体調を崩した素人脚本家女学生は、実在しなかったんだね?  いや、私は割とマヂで、最悪のシナリオとしてそういう展開が来るんじゃないかと危惧していた...

プロフィール

ばん(こげぱんだ)

Author:ばん(こげぱんだ)
オリックス・バファローズファン。
安達&ディクソン、頑張れ!

レッスルエンジェルス、リンドリ、
ANGEL VOICE、錻力のアーチスト
ハリガネサービスを応援中。

当ブログはリンクフリーです。
用件等はこちらのメールフォームからお伝えください。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ
にほんブログ村

ついったー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリ

未分類 (0)
レッスルエンジェルス (420)
レッスルエンジェルス愛 (102)
レッスル愛大会 (82)
斉藤彰子物語 (37)
レッスルプレイ日記 (20)
レッスル駅伝 (37)
リング☆ドリーム (7)
野球 (614)
アニメ感想 (3047)
ガンダム00 (26)
ガンダムAGE (49)
ガンダムGのレコンギスタ (25)
ガンダムビルドファイターズ (53)
とある魔術の禁書目録 (27)
とある科学の超電磁砲 (48)
けいおん! (53)
ひだまりスケッチ (30)
GA芸術科アートデザインクラス (15)
きんいろモザイク (24)
きらら系作品 (41)
みなみけ (26)
DARKER THAN BLACK (15)
そらのおとしもの (15)
WORKING!! (50)
侵略!イカ娘  (25)
Fate (27)
TIGER & BUNNY (35)
Steins;Gate (24)
たまゆら (31)
ヤマノススメ (39)
夏目友人帳 (50)
ちはやふる (51)
境界線上のホライゾン (26)
モーレツ宇宙海賊 (27)
人類は衰退しました (17)
ガールズ&パンツァー (35)
リトルバスターズ! (48)
新世界より (25)
進撃の巨人 (26)
マジェスティックプリンス (28)
ログ・ホライズン (49)
蒼き鋼のアルペジオ (13)
未確認で進行形 (14)
シドニアの騎士 (24)
アルドノア・ゼロ (23)
月刊少女野崎くん (16)
蒼穹のファフナー (18)
うしおととら (38)
3月のライオン  (22)
幼女戦記 (10)
神撃のバハムート (35)
ノイタミナ (122)
漫画感想 (592)
キン肉マン (366)
ANGEL VOICE (137)
錻力のアーチスト (42)
本感想 (27)
ゲーム感想 (39)
アオイシロ (27)
おもちゃ箱 (19)
ブログ妖精ココロ (3)
雑記 (53)

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

Blog時計(百子)

プロ野球順位表

プロ野球データFreak
パリーグ順位表
セリーグ順位表

プロ野球ニュース

powered by プロ野球Freak
powered by プロ野球Freak

応援バナー

オリックス・バファローズ 公式サイト オリックス・バファローズ BsTV パ・リーグTV 『レッスルエンジェルス オフィシャルサイト』 『レッスルエンジェルス愛』 リング☆ドリーム 女子プロレス大戦 総合サイト 「アオイシロ」応援バナー 「アカイイト」応援バナー ガールズ&パンツァー 公式サイト たまゆら〜卒業写真〜 公式サイト TIGER & BUNNY 公式サイト

本棚

週間アクセスランキング

逆アクセスランキング(7日間)

天気予報

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード