FC2ブログ

Fate/Zero 第22話 「この世全ての悪(アンリマユ)」 感想

ウェイバーとライダーのコンビはやっぱりいいですね。
二人のやり取りにはウルっときましたよ。
ウェイバーとグレン老のやりとりもよかったです。

未だ、アイリスフィールの消息がつかめず、憔悴しきった表情で
冬木市を探し回るセイバー。
しかし切嗣はセイバーに見向きもしない。
一方、戦う意義を得た綺礼は、切嗣を待ち受ける。
第四次聖杯戦争の最後の一日が幕を開けようとしている。
そんな気配を感じ取ったウェイバーもまた、決意を固める。


 Fate/Zero アニメ公式サイト

Fate/Zero(6)煉獄の炎 (星海社文庫)Fate/Zero(6)煉獄の炎 (星海社文庫)
(2011/06/10)
虚淵 玄

商品詳細を見る
マッケンジー宅まで歩いて帰宅したウェイバー。
そこで屋根に上っていたグレン老から呼ばれて……。
気を利かせて二人だけにするライダー。
豪快なだけでなくこういう気遣いもできるのがライダーのいいところですね。
コーヒーを飲みながら話すウェイバーとグレン老。
孫と一緒にこうして星を見るのが夢だったのが叶った。
暗示はとっくに解けていたけど、話を合わせてくれていたんですよね。
本物の息子夫婦とは日本に住むかどうかで喧嘩別れしていますので。
暗示という初歩の初歩の魔術でさえ素人の気のいい老人に効果が持続しなかった、
ウェイバーが魔術師としての未熟さを実感するところですね。
このシーンのウェイバーとグレン老のやり取りは好きな話なので
ちゃんとやってくれてよかったですよ。
ちょっとだけカットされていたのは尺を考えると仕方ないですからね。

アイリを捜して柳洞寺にやって来た切嗣、かなりやつれていますね。
また一人になった……セイバーは立場が無いですね。
"アレ"扱いですから。
アイリ捜索結果の報告をするセイバーをスルーする切嗣。
仲介役がいないので、気まずいことこの上ないですね。

元キャスターの根城に潜んでいた綺礼。
アイリ相手に珍しく怒りの感情を露わにしていますね。
息遣いが荒くなっているアイリがエロいです(笑)
切嗣の望みが人類の救済、恒久的世界平和と聞いて唖然となる綺礼。
綺礼の言っていることも間違いではないですからね。
アイリの首を絞め折った綺礼。
疑問の答えを得、期待が落胆になった綺礼が得た戦う意義。
ここでの綺礼の心理描写は大切なのでカットしてほしくなかったですね。

夜中に打ち上げられた魔力の波動による挑発。
いよいよ最後の夜の始まりですね。
ウェイバーがケイネスの心配をするところはカットされちゃいましたか。
神威の車輪がセイバーに破壊されたので、愛馬ブケファラスを呼び出すライダー。
ここからは本当に強いものしか行ってはいけないということで令呪を
使い切るウェイバー、自分の非力さを実感しての行動です。
成長しましたね。
自分を知ったウェイバーの行動ですが、ライダーにとっては朋友であることには
違いなかったわけで。
ウェイバーがヒロインすぎますね(笑)
このシーン、グッとくるものがありますよ。
原作を読んだ時もいいシーンだと思いましたが、アニメで見るとこれまたいいですね。
覆わずウルッときましたよ。
ウェイバーの令呪の使い方、他のマスターにはできない使い方ですね。
漠然とした命令は効果が薄くなるのですが、今回に限っては必ずしも
そうではなかったんですけどね。
ウェイバーとライダーが行ったことに気付いてたグレン老。
覚悟していたとはいえ、二人の無事と期間を願っていたでしょうね。

綺礼とギルガメッシュの二人も相性がいいですね。
時臣と違ってギルガメッシュの使い方をよく分かっていますよ。

アインツベルンに積み上げられていた無数のホムンクルス。
アハト翁、趣味が悪いですよ。
イリヤ、久々の登場ですよ。
杯になる夢を見たイリヤ、それ正夢なんですよね。
アイリを引きずり込む黒い影。
いよいよこの世全ての悪・アンリマユが現れましたよ。
黒く染め上げられたアイリ。
最後の笑みは怖いものがありましたね。

全25話なので残り3話。
次回がライダー vs ギルガメッシュでその次がセイバー vs バーサーカー。
そして最終回となるんでしょうね。

次回 第23話「最果ての海」

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村←よろしければ、ポチっとお願い致します。
ブログパーツアクセスランキング

第1話 「英霊召喚」 感想
第2話 「偽りの戦端」 感想
第3話 「冬木の地」 感想
第4話 「魔槍の刃」 感想
第5話 「凶獣咆吼」 感想
第6話 「謀略の夜」 感想
第7話 「魔境の森」 感想
第8話 「魔術師殺し」 感想
第9話 「主と従者」 感想
第10話 「凛の冒険」 感想
第11話 「聖杯問答」 感想
第12話 「聖杯の招き」 感想
第13話 「禁断の狂宴」 感想
第14話 「未遠川血戦」 感想
第15話 「黄金の輝き」 感想
第16話 「栄誉の果て」 感想
第17話 「第八の契約」 感想
第18話 「遠い記憶」 感想
第19話 「正義の在処」 感想
第20話 「暗殺者の帰還」 感想
第21話 「双輪の騎士」 感想

劇場版の感想は↓
【劇場版】「Fate/stay night UNLIMITED BLADE WORKS」 感想
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ヴェイバーとグレン老のやり取りは自分もかなり好きですね。
ヴェイバーは素人に暗示を破られて、大分ショックを受けてますが、アニメだと若干わかりにくいですね。
ショックを受けながらも、グレン老の言葉に真面目に応えるヴェイバーは本当に成長しましたね。

助手と妻を失って、40時間不眠の切嗣は決戦を前にやつれてしまいましたね。
それでも冷静に行動できるのが、切嗣の異常性ですね。
アイリはすでに殺されたと諦観して次の手を打つ切嗣と、一縷の望みを捨てられずに闇雲にアイリを探すセイバーは、どこまでも対照的ですね。
こんな時まで無視されるセイバーはかなり気の毒です。

切嗣の悲願は、凛にも否定されてるんですよね。エミヤも凛の意見に同意してました。
確かに争う心を完全に失った人間は、すでに別の生き物ですね。元より、聖杯に頼った世界平和という時点で破綻してたんですが、アイリの言うように、そんな物にすがるくらい切嗣は疲弊してたんでしょうね。
綺礼の切嗣に対する憎悪は「スティナイト」の桜ルートをプレイするとよくわかりますね。
綺礼も好きで破綻者に生まれたわけではなく、まともな人間になろうと報われない努力を繰り返していたんですよね。
だから綺礼は、自分が欲していたものを捨てて、自ら破綻者になった切嗣が許せなかったんですね。
尺の都合があるとはいえ、この辺の心理描写は詳しく掘り下げてほしかったですね。

ライダー陣営は完全に主人公ですね(笑)
ヴェイバーは、成長型主人公と守られ系のヒロインを同時にこなせる有能なキャラですね。
とても慎二をモデルに誕生したキャラとは思えませんね(苦笑)
ライダーとヴェイバーのコンビは、『ゼロ』の中でもダントツに好きなコンビです。
凛とエミヤのコンビと同じくらいに好きですね。

Re:

やっぱりライダー陣営は大好きですよ。見ていて一番楽しいです。ウェイバーの成長がグレン翁との対話や令呪の消費からも伺えますね。マスターではなくなったウェイバーを戦友と言うのも格好いいです。
心理描写が原作よりも減るのは、アニメの避けられない宿命なのかもしれませんね。小説と同じくらいの心理描写をモノローグにしたらそれはそれで問題でしょう。やっぱり原作とは割り切って観たほうが楽しめるかもしれませんね。
あと6月10日はアレキサンダー大王が死去した日なんです。


そういえばケイネスの魔術工房は異空間化した箇所もあったらしいですが、そこでは小川マンションでの荒耶みたいに空間を圧縮したり瞬間移動はできるんでしょうかね? ロードなら出来そうに思えるんですが。

あと結界を移動させられるのは荒耶が規格外なんですよね? 普通に優秀なだけじゃできないことですよね?

荒耶が病院勤めしていた場面を想像するとシュールですね(笑)。ダンディなおじ様として受けがよかったかもしれませんね。

お返事です

>>河原さん
ウェイバーとグレン老のやり取りはいいですよね。
この作品はウェイバーの成長物語でもありますよね。
切嗣はこれまでの人生が人生ですからね。
聖杯にすがるまでになったいきさつを考えるとツライですよ。
綺礼については『Fate/Zero』だけでは分かりにくいですね。
彼の魅力をよく知るためにも『stay night』や『hollow ataraxia』を
プレイしてほしいですね。
ライダーとウェイバーのコンビは、この作品の中でも
ダントツで好きですね。
真・主人公コンビの来週の活躍が楽しみです。

>>あるるかんさん
ライダー陣営はいいですね。
ウェイバーの成長っぷりがいいですよ。
さすがは真・主人公です。
アニメにはアニメの、小説には小説のいいところが
ありますからね。
どちらが劣っているとかではなく、どちらも楽しむのが
いいですよね。
荒耶は結界に関しては魔法の域に達していると評される
ぐらいですからね。
結界を移動させることができるのは荒耶が特別ですね。
通常は特定の空間を仕切ってそこを動かないですから。

No title

やっとの思いでマッケンジー宅に戻ったウェイバー、かなりへろへろになっていましたね。そこで、朝一番で光を浴びるには最高の場所だと称する屋根の上でウェイバーの帰りを待っていたグレンによって呼ばれます。その様子から何かを察したのか、気を遣ってその場を離れるライダー、流石ですね。豪快かと思えばこういう細かい心遣いもできる。理想の王の器ですね。こういう人の下で働きたいですね。
孫と一緒にこうして星を見るのが昔からの夢だったが、それがウェイバーのおかげで叶った。そのグレンの言葉の聞き捨てならない違和感に、ウェイバーは背筋を固くします。過去の記憶との齟齬によって、暗示はとっくに解けていたんですよね。実の息子とその家族は日本に馴染めず、カナダに帰っているんでしたね。
ウェイバーは魔術師としては未熟で非才なので、一般人への催眠暗示すら完璧にはこなせなかったんですよね。
このシーンにおけるグレン老の言葉は深く、重いですね。濃密な人生経験を積んできた者だけが言える言葉です。ここでグレン老に真摯に向き合うウェイバーは本当に最初とは比べ物にならないほど成長しましたね。

40時間前を最後に一睡もしていない切嗣、流石に相当やつれていましたね。それでも眼光の鋭さだけは失っていないあたり、切嗣の戦士としての熟練さが見て取れます。
「また、独りになったな・・・・・・」
舞弥を失ったことは切嗣の心に相当の深手を負わせたようですね・・・根本的に切嗣は弱い人間なので、誰かが隣にいてくれなければいずれは潰れるんですよね・・・
しかし切嗣、「そういえば、“アレ”を頭数に入れてなかったな」って・・・
この二人とことん合わないですからね。アイリ捜索結果を報告するセイバーに対し無言の切嗣・・・この空間にいたくはないですね(--;
こういう時に一番アイリの重要性を感じますね・・・

キャスターと龍之介が潜伏していた用水路の奥に綺礼はいました。アイリの言葉に普段無表情な綺礼が珍しく激昂していましたね。自分という存在に何かしらの答えをもたらすであろう相手に関することですから、無理もありませんね。言峰綺礼が今までこの戦争に参加してきた理由が衛宮切嗣なのですから。しかしアイリもなぜ無駄に挑発するようなことを言うんでしょうね。やはり精神的に幼いからでしょうか。なんだかんだで活動年数はまだ9年足らずですし。すると切嗣は9歳の幼女を孕まs
綺礼に首を絞められて苦しそうに喘ぐアイリがエロいですね(笑)
切嗣の望みである闘争と流血の根絶、恒久的世界平和は根本的に成り立たない、というよりも成り立ってはいけないものですね。闘争がなければ人の社会は発展できず、生物の理すら否定することになりますからね。もしそれが実現すれば、人は心が死んだ人形に成り果てるしかなく、そこは感情が壊死する世界になります。切嗣は精神が子供のまま、あのアリマゴ島での悲劇の日から成長しないまま、ここまで生きてきたのでそれが分からないんですね・・・だからセイバーにも子供じみた態度で接し、いわゆる大人の対応ができないんですよね。
アイリから衛宮切嗣の本性を理解した綺礼は、もう用済みとアイリを絞殺します。ここで綺礼は、今まで切嗣に対して持っていた期待が落胆になっているんですよね。綺礼とて最初から諦めていたわけではなく、必死でまともであろうとしたんですよね。ただ、どうしてもそれが叶わなかった・・・綺礼は、自分が死んでも手に入れたいと思う幸福を、切嗣が理想のためにまるでゴミのように捨てていることに人生で初めてブチキレたんですね。ここら辺の心理描写は言峰綺礼という人間を理解する上で必須だと思うのでカットしてほしくはなかったですね。

夜中に魔力の波動を打ち上げて、残りの聖杯戦争参加者全てをおびき寄せる綺礼、いよいよ最後の戦いが始まります。
ウェイバーがケイネスを心配するシーンはカットされましたね。ここはウェイバーの成長を知らしめる、それなりに大切なシーンだったので残念です。
最終決戦の場に向かうために、生涯の相棒ブケファラスを呼び出すライダー。神威の車輪は牡牛もろともセイバーに屠られましたからね。ここでふと思ったのですが、今回の最初にウェイバーがへろへろになりながらも歩いてマッケンジー宅に戻っていましたが、ブケファラスを呼び出せばそんな苦労をしなくても済んだのではないでしょうか。
ここからは本当に強い者しか行ってはいけないと言い、令呪を使い切ったウェイバー。前回セイバーへと挑みかかったライダーの決断を、最後の土壇場で台無しにしたのは、マスターである自分の存在だと思っているんですよね。あのときライダーが乾坤一擲の覚悟で『約束された勝利の剣』の光に挑んでいれば、あるいは紙一重の差で勝っていたかもしれない。そんなぎりぎりの勝負を諦めざるを得なかったのは、同じ御者台に自分がいたから。ライダーは最後の瞬間に、傍らにいた自分を守って戦車から飛び降りるしかなかった。あのとき、セイバーとライダーの勝敗を決してしまったのは、弱点となるマスターが傍にいたかどうかの差であった、と自分の非力を痛感します。大きくなりましたね。
自分の格を知って戦いから降りようとしたウェイバーですが、今日まで共に同じ敵に立ち向かってきたウェイバーはライダーにとっては既に朋友である、とウェイバーを連れて行くライダーです。ここでライダーの言葉に思わず涙を溢れさせるウェイバー、指をつんつんするところといい、本当にヒロインですね(笑)
ここのこの二人のやり取りは本当に素晴らしいですね。アニメで見ると格別です。自分も思わずウルッときてしまいました。
ウェイバーのこの令呪の使い方、この後の戦いにおいて間違いなくライダーの力となってくれるんですよね。
ウェイバーとライダーが去ったことに気付いていたグレン、二人の無事と再会を願っていたでしょうね。彼らとアレクセイと再び会うことはありませんでしたが、ウェイバーとの親交はこの戦争が終わった後も続きましたね。

綺礼とギルガメッシュ、時臣と違って仲良すぎだろw
相性でここまで違うんですね。綺礼はギルガメッシュにとって、もはやエンキドゥに続く二人目の友と言っても過言ではないですね。この二人のやり取りは微笑ましいです(^^)

アインツベルンの本家に積まれた無数のホムンクルスの失敗作、アハト翁、大した趣味ですね・・・
考えてみればアインツベルンの悲願がならなかったのはアハトの行いが引き起こしたものなんですよね。「最優」と信じて準備したサーヴァントが切嗣との相性が最悪であったなど、その行いはどれもがマイナス要因にしかならなかった。第三次におけるルール違反が結果として聖杯を永遠に遠ざけてしまった事態は、その最たるものであると言えますね。個人的には、ざまぁwです(笑)
ロリヤ、久しぶりの登場ですね。前回は1クール目で切嗣とアインツベルンの庭でクルミ探しをしていたところでしょうか。
杯になって、自分の中にものすごく大きな塊が7つも入ってくる悪夢を見たイリヤ。残念ながらそれが10年後には・・・イリヤはアハトによって聖杯の器としての調整を受けているので、長くは生きられない。だから、たとえ第五次を生き残っても数年後には命を落とすことになるんですよね・・・もっとも『UBW』ルートと『HF』ルートではその最中に死ぬことになるのですが・・・
アイリを黒い泥の中に引きずり込む影、アンリマユですね。hollowをプレイするとアンリマユは決して嫌いになれないんですよね。むしろ個人的には好きです。
黒く染められるアイリ、最後の笑みは邪悪で怖かったですね。このアイリが最後には切嗣を・・・

これで残り3話ですね。次回がライダーVSギルガメッシュ、その次がセイバーVSバーサーカーで間違いないでしょうね。次でライダーが・・・しかし、それと同時にウェイバーの一番の名場面と、それに対するギルガメッシュの名台詞が見られるんですね。寂しさ半分、期待半分で待とうと思います。

そういえば・・・来週の今日がアレクサンドロス大王の命日なんですよね。びっくりしました。前回の母の日といい、スタッフはここまで計算しているんですね。本当に脱帽です!

お返事です

>>アレセイアさん
ライダーは強いだけでなく豪快さと細かな気遣いもできる
いろんな意味で大きな人物ですね。
ウェイバーとグレン老のやり取りはいいですね。
心に響きますよ。
アイリにとっては切嗣が大切な存在なだけに綺礼が
いかにも切嗣のことを分かっている風なのが許せなかったと
いうのいもあるのではないでしょうか。
綺礼は綺礼でこれまで凄く努力して、それでも何とか
しようと苦労を重ねてきただけに切嗣のことを許せなかった。
綺礼の心理描写についてはBDで追加されるかも。
ケイネスの心配をするウェイバーのシーンはどうなるか
分からないですけど。
セイバーとやりあった後、ブケファラスを召喚しなかったのは
魔力の消耗を少しでも抑えるためかもしれません。
ウェイバーとライダーのやり取りはやっぱりいいですね。
このコンビは最高ですよ。
アインツベルンのやることは、よく裏目に出ますからね。
イリヤについては幻のイリヤルートも見たかったです。
次回は楽しみな反面、寂しいですね。

トラックバック

http://hienkyaku.blog50.fc2.com/tb.php/2756-382338dd

Fate/Zero 22話「ライダーとウェイバーの友情関係は最高!」(感想)

  ライダーはウェイバーを友といった。 この言葉にウェイバーが号泣。 この一連の流れは最高でした!! 戦いの下で育まれる友情は素晴らしいですね。 一方では、切嗣の目的を知った綺礼。 二人の対決も間近に迫っています。  

Fate/Zero 第22話 感想「この世の全ての悪」

Fate/Zeroですが、第四次聖杯戦争もいよいよ大詰めといった感じです。セイバーはアイリスフィールを探し回りますが、いまだ見つかりません。 言峰とアイリは、キャスター達がいた場所に隠れていますが、アイリに切嗣のことを聞きます。(以下に続きます)

Fate/Zero 第22話「この世全ての悪(アンリマユ)」

Fate/Zero (3) (カドカワコミックスAエース)(2012/04/02)真じろう商品詳細を見る  ウェイバーが主人公だなぁと実感できる回でした。プライドが高くて尖っていた、少年から青年への発展途上に...

『Fate/Zero』#22「この世全ての悪」

「貴様は今日まで朋友と同じ敵と戦ってきた。 ならば朋友だ。胸を張って堂々と余に比肩せよ」 やっぱりこのアニメ、ウェイバーがヒロインだよ!! 疲れきった様子で帰宅するウェイバー。 すぐにでも休みたいところだろうに、同居するおじいさんに声をかけられ屋根の...

『Fate/Zero』 第22話「この世全ての悪」 ― ライダー組だけ爽やか少年漫画の匂いがする。

黒い液体に沈むアイリを見てたら、コールタール漬けにされたウルトラ兄弟思い出したわ。 Fate/Zero (3) フィギュア付き限定版 (グッズ付書籍)(2012/03/26)真じろう商品詳細を見る 第22...

Fate/Zero 2ndシーズン 22話 この世全ての悪 感想

終わりが近づいて来ましたね。 ウェイバーの命令は正直令呪の無駄遣いでしかないと思うんですが、その想いに心打たれましたわ! うん、ウェイバーが作品を通してのヒロインだね(笑) 一方、アイリスフィールはラストがちょっとエヴァっぽかったかな?w ロリ?...

Fate/Zero 第22話

Fate/Zero 第22話 『この世全ての悪』 ≪あらすじ≫ セイバーとの戦闘のせいで徒歩で潜伏先の老夫婦の家まで戻って来たウェイバーは、屋根の上にいるお爺さんに呼び止められる。 「ウェイバーの帰りを待...

Fate/Zero #22

【この世全ての悪】 『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box Ⅰ出演:小山力也アニプレックス(2012-03-07)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る ラストスパートですよ♪ 

Fate/Zero 第22話

 もう22話。アイリがキレイに首を絞められて殺される回。

Fate/Zero 第22話「この世全ての悪」

アイリさんが... 。゚(゚´Д`゚)゚。  聖杯の器である運命のくびきからの解放。 せめて娘はという切なる願いも 虚無なる悪意により砕かれる。 ひさびさのイリヤちゃん。  回想シーンなのが哀しいですね。 未来の物語はすでに分ってるといえ 悲しい結末...

Fate/Zero -フェイト/ゼロ- 第22話 「この世全ての悪(アンリマユ)」 感想

運命の一日の始まり―

「Fate/Zero」第22話

アイリ、聖杯に取り込まれる… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201206030001/ to the beginning(アニメ盤)(DVD付)Kalafina SME 2012-04-18売り上げランキ...

Fate/Zero 第22話 「この世全ての悪」

「所詮奴がその程度の敵ならば、速やかに排除するのみ…言峰綺礼……!」 最終決戦の夜、今全ての想いが一同に会する── アイリを奪われ初めて闘志をむき出しにする切嗣、マスターとして成長したウェイバー、愉悦を覚えた非道な綺礼、呪われた傀儡雁夜。いよいよ最後...

Fate/Zero第22話感想

記事はこちら(TBもこちらへ) 元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2012/06/fatezero-5c6e.html

Fate/Zero 第二十ニ話 この世全ての悪

Fate/Zero 第22話。 戦う意義と最後の夜のはじまり。 以下感想

Fate/Zero 第22話 『この世の全ての悪』

ウェイバーいたたまれない。滞在先の老夫婦と昔話に興じるウェイバー。でも暗示で刷り込んでるだけなので、思い出なんか存在しない。物凄く居心地が悪いのですが、実はバレていた。 どうやら暗示が切れかかっているみたいです。或いは未熟だから強力な暗示が掛けられなか?...

▼記事▼:アクセス感謝『Fate/Zero』で切嗣が使ったトンプソン・コンテンダーの話をもう少し。

前の記事・▼記事▼:『Fate/Zero』衛宮切嗣のトンプソン・コンテンダーが大日本技研より発売。 参考・西野公平Twitter(#) 息の長いコンテンツ。多少銃器の知識があることから、上記の記事を書いたのですが、こちら今でも一定のアクセスがあります。書いたのは11月です?...

【マスターから『友』へ】『Fate/Zero』22話『この世全ての悪』レビュー♪(今回は『ウェイバーとライダー』のやりとりが梶浦由記さんのBGMと相まって心に響きました・・・いいコンビですね・・・)

    感想 : 今回 絵コンテ は 『ufo』作品であまり見かけない『室井ふみえ』 さんでしたが・・・       『ウェイバーが女の子のように泣くシーン』 など 『女性ならではの視線』 で描かれていたと思いました!   &...

まとめtyaiました【Fate/Zero 第22話 「この世全ての悪(アンリマユ)」 感想】

ウェイバーとライダーのコンビはやっぱりいいですね。二人のやり取りにはウルっときましたよ。ウェイバーとグレン老のやりとりもよかったです。未だ、アイリスフィールの消息がつかめず、憔悴しきった表情で冬木市を探し回るセイバー。しかし切嗣はセイバーに見向きもしな...

Fate/Zero 2ndシーズン第22話「マスターではなく戦友(とも)として・・・・」感想

暗示にかかっているおじいさんがFATEの「のび太」ことウェイバー・ベルベットを屋根の上に誘います。「余が周囲を守っておこう。」おぉ、毎日が掘りデー。こんなとこ他のマスターに見せられません。きっとフラグが立ったのでしょうか。ハッテン場なのでしょうか。こうして...

Fate/Zero 第二十二話「この世全ての悪(アンリマユ)」 感想

いよいよ運命の日。 あらすじ 未だ、アイリスフィールの消息がつかめず、憔悴しきった表情で冬木市を探し回るセイバー。しかし切嗣はセイバーに見向きもしない。 一方、戦う意義を得た綺礼は、切嗣を待ち...

2012年6月第一週のアニメ(Fate/Zero 2ndシーズン)

・Fate/Zero 2ndシーズン 第22話「この世全ての悪」 ウ ェ イ バ ー き ゅ ん マ ジ ヒ ロ イ ン ……とまあ、今週は綺礼によるアイリ殺害やら、最終決戦前のやり取りが見れたわけなんですけども、ラ...

Fate/Zero 第22話

関連リンクhttp://www.fate-zero.jp/第二十二話 この世全ての悪セイバーと戦った後歩いて戻ってきたウェイバー家に着くとどうやら暗示をかけているお爺さんから話があると言われ…屋根に上りお爺さんと話すウェイバーそこで偽物の孫だと気づいていたことを明かされるし...

アニメ Fate/Zero(フェイト ゼロ) 第22話「この世全ての悪」 感想

「さらに重ねて令呪で命ずる!ライダーよ、世界を掴め。失敗なんかゆるさない」 いよ

Fate/Zero 2ndシーズン 第22話「この世全ての悪」

Fate/Zero 2ndシーズン 第22話「この世全ての悪」 「私が聖杯を託すのはただ一人。断じておまえではないわ」 いよいよ、聖杯戦争も佳境に突入☆ 公式HPより 未だ、アイリスフィールの消息...

Fate/Zero2ndシーズン第22話「この世全ての悪」

Fate/Zero2ndシーズン第22話「この世全ての悪」「私が聖杯を託すのはただ一人。断じておまえではないわ」いよいよ、聖杯戦争も佳境に突入☆公式HPより未だ、アイリスフィールの消息が...

Fate/Zero 2ndシーズン 第22話「この世全ての悪」

Fate/Zero 2ndシーズン 第22話「この世全ての悪」

■Fate/Zero【第二十二話】この世全ての悪 -04:08:27

Fate/Zero #22の視聴感想です。 第1クールの記事はコチラから ⇒ 此方彼方其方 Fate/Zero カテゴリ 屋根。 焦燥。 福音。 朋友。 聖杯。 終わりはもうすぐそこまで来ている―― ↑さぁポチッとな

Fate/Zero 第22話 「この世全ての悪」 感想

 今回は決戦前夜的な回で、ラストバトルの前のそれぞれの陣営の様子が描かれていきます。今回のメインであり、みどころはライダー陣営。原作を読んだ時からいつかアニメで観れるといいな…と思っていたシーンだったので、こうして観れて感無量です…...

(アニメ感想) Fate/Zero 第22話 「この世全ての悪」

Fate/Zero (3) フィギュア付き限定版 (グッズ付書籍)(2012/03/26)真じろう商品詳細を見る ☆Fate/Zero 第21話 「双輪の騎士」の感想をポッドキャストにて収録! 雁夜の悲劇・・・綺礼とは...

Fate/Zero 第22話 「この世全ての悪(アンリマユ)」 感想

とぼとぼ。。。。。。。。。(o;_;)o 馬車が壊れたので歩いてかえってきました(へ ;T_T)へ おじーさんが屋根の上に! 朝一番の光が見える屋根の上。おじいさんとの語らい。最後の静かな時間。 おじ...

2012年02クール 新作アニメ Fate/Zero 2 第22話 雑感

[Fate/Zero] ブログ村キーワード Fate/Zero 第22話 「この世全ての悪」 #Fate2012 #ep22 大作 Fate/Zeroのセカンドシーズン であります。本作は『Fate/stay night』の10年前(第四次聖杯戦争)の物...

Fate/Zero 第22話「この世全ての悪」 レビュー・感想

貴様は今日まで余と同じ敵に立ち向かってきた、ならば、朋だ!胸を張って堂々と余に比類せよ。 最終決戦、それぞれの想いが交錯する夜・・・

Fate/Zero 第22話 『この世全ての悪』 感想

決戦前夜の群像劇。 Fate/Zero 第22話 『この世全ての悪』 のレビューです。

Fate/Zero 2ndシーズン第22話感想。

伝説の英雄《アレ》。 ……アレ(汗) 以下、ネタバレします。ご注意を。

Fate/Zero 第22話 この世全ての悪

ウェイバーは徒歩でようやくマッケンジー宅へ帰還。 そんなウェイバーに声をかけるのは、グレン・マッケンジー。 何やら折り入って話があるようで、屋根の上で語り合う事に。 ど ...

Fate/Zero 2nd #22「この世全ての悪」

あと4時間か…最後劇場版とか言わないよね? BDでエピソードで足す分には構いませんけど最終回をテレビで流さないとか最近多いからなぁ。 トゥルーエンドは劇場でね商法は大嫌いです。 ・おじいさん…知っ...

令呪より固い絆 Fate/Zero 第22話「この世全ての悪」感想

Fate/Zero 第22話「この世全ての悪」感想 冠婚葬祭。

Fate/Zero 第22話「この世全ての悪」

最近すぐ終わっちゃうね。いや感覚的に。短く感じる。 以下Fate/Zero 第22話「この世全ての悪」の感想

アニメ「Fate/Zero」2ndシーズン 第22話 この世全ての悪

Fate/Zero(5)闇の胎動 (星海社文庫)(2011/05/11)虚淵 玄商品詳細を見る 坊主、刮目して見届けよ!! 「Fate/Zero」2ndシーズン」第22話のあらすじと感想です。 (あらすじ) ウェイバーはおじいさん...

[感想] Fate/Zero 第22話 「この世全ての悪」

どう見てもライダーが主人公でウェイバーちゃんがヒロインです本当にありがとうございました! ということで本命(切嗣vs綺礼)よりもライダー組のカッコ良さのほうが目立ったFate/Zero第22話。

Fate/Zero 22話「この世全ての悪」感想

Fate/Zero 22話「この世全ての悪」 【あらすじ】 聖杯戦争も終焉目前!ライダーは友人と共に空を駆ける! ◆切嗣と綺礼が聖杯に求めるもの 切嗣がどうして聖杯を追い求めるかアイリに聞きます。 ...

Fate/Zero 第22話「この世全ての悪」

Blu-ray Disc Box II [Blu-ray]『終わりはすぐそこまで来ている』 制作 : ufotable 監督 : あおきえい 衛宮切嗣:小山力也   セイバー:川澄綾子   アイリスフィール:大原さやか 遠坂時臣:速...

Fate/Zero 第22話 『この世全ての悪』

うわああああああああああああああああああああああああああああああああああ もう毎度の事だけどさ…w 今回はウェイバー君の話が良かったな! まじでライダー陣営主人公にしろwww ※以下ネタばれあり

Fate/Zero:22話感想

Fate/Zeroの感想です。 アイリスフィール…。

Fate/Zero -フェイト/ゼロ-第22話 「この世全ての悪」 感想

nefiru: バカバカ令呪無いんだぞ!マスター辞めたんだぞ!!何でまた僕を連れて行く? g_harute: ウェイバー遂に自分の力量を悟ったか nefiru: そりゃ暗示失敗してたわ、あんな人のよい老夫婦騙し...

Fate/Zero 「この世全ての悪」

戦いが無いと思っていたけどやっぱり人が死んだ?

Fate/Zero 第22話 この世全ての悪(アンリマユ)

「また一人になったな」 そう思った切嗣の目の前にセイバーが。彼女の存在を少しは認めたものの、直接語りかける事はしない、それが切嗣。 セイバー、本当に役に立ってませんからね。スペックと能書...

Fate/zero 2NDシーズン 22話

ウェイバーが決断する鍵になったのは意外な人物の言葉でした。 マッケンジーさんが言うことは1期の最終話でライダーがウェイバーに 言ったこととほぼ同じことだったのですが、改めて別の人物に言われると...

Fate/Zero 22話 「この世全ての悪」 感想

この期に及んでも会話しねぇのかよ(笑)

Fate/zero~第二十二話「この世全ての悪(アン...

 奇跡をかなえるという聖杯を求める選ばれし7人の魔術師の戦い。 セカンドシーズンスタート、第22話場面1 ウェイバー、祖父@家  ウェイバーは祖父の家へ。祖父によばれて...

Fate/Zero 2nd season 第22話 感想

 Fate/Zero 2期  第22話 『この世全ての悪』 感想  次のページへ

Fate/Zero 第22話 「この世全ての悪(アンリマユ)」 簡略感想

ウェイバーの覚悟とアイリの思い

Fate/Zero 第22話 「この世全ての悪」

ども、最近ブログを大門達に任せっきりな感じの白杜です。 まあ大門とヨペチコいれば問題ないよね。 今回は特に大きな動きなし。 …いやなくはないか? ウェイバーちゃんが孫じゃないと気づいても親切なおじいさん最高や! でも、孫にしては優しすぎるの台詞...

プロフィール

ばん(こげぱんだ)

Author:ばん(こげぱんだ)
オリックス・バファローズファン。
安達&ディクソン、頑張れ!

レッスルエンジェルス、リンドリ、
ANGEL VOICE、錻力のアーチスト
ハリガネサービスを応援中。

当ブログはリンクフリーです。
用件等はこちらのメールフォームからお伝えください。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ
にほんブログ村

ついったー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリ

未分類 (0)
レッスルエンジェルス (420)
レッスルエンジェルス愛 (102)
レッスル愛大会 (82)
斉藤彰子物語 (37)
レッスルプレイ日記 (20)
レッスル駅伝 (37)
リング☆ドリーム (7)
野球 (614)
アニメ感想 (3047)
ガンダム00 (26)
ガンダムAGE (49)
ガンダムGのレコンギスタ (25)
ガンダムビルドファイターズ (53)
とある魔術の禁書目録 (27)
とある科学の超電磁砲 (48)
けいおん! (53)
ひだまりスケッチ (30)
GA芸術科アートデザインクラス (15)
きんいろモザイク (24)
きらら系作品 (41)
みなみけ (26)
DARKER THAN BLACK (15)
そらのおとしもの (15)
WORKING!! (50)
侵略!イカ娘  (25)
Fate (27)
TIGER & BUNNY (35)
Steins;Gate (24)
たまゆら (31)
ヤマノススメ (39)
夏目友人帳 (50)
ちはやふる (51)
境界線上のホライゾン (26)
モーレツ宇宙海賊 (27)
人類は衰退しました (17)
ガールズ&パンツァー (35)
リトルバスターズ! (48)
新世界より (25)
進撃の巨人 (26)
マジェスティックプリンス (28)
ログ・ホライズン (49)
蒼き鋼のアルペジオ (13)
未確認で進行形 (14)
シドニアの騎士 (24)
アルドノア・ゼロ (23)
月刊少女野崎くん (16)
蒼穹のファフナー (18)
うしおととら (38)
3月のライオン  (22)
幼女戦記 (10)
神撃のバハムート (35)
ノイタミナ (122)
漫画感想 (592)
キン肉マン (366)
ANGEL VOICE (137)
錻力のアーチスト (42)
本感想 (27)
ゲーム感想 (39)
アオイシロ (27)
おもちゃ箱 (19)
ブログ妖精ココロ (3)
雑記 (53)

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

Blog時計(百子)

プロ野球順位表

プロ野球データFreak
パリーグ順位表
セリーグ順位表

プロ野球ニュース

powered by プロ野球Freak
powered by プロ野球Freak

応援バナー

オリックス・バファローズ 公式サイト オリックス・バファローズ BsTV パ・リーグTV 『レッスルエンジェルス オフィシャルサイト』 『レッスルエンジェルス愛』 リング☆ドリーム 女子プロレス大戦 総合サイト 「アオイシロ」応援バナー 「アカイイト」応援バナー ガールズ&パンツァー 公式サイト たまゆら〜卒業写真〜 公式サイト TIGER & BUNNY 公式サイト

本棚

週間アクセスランキング

逆アクセスランキング(7日間)

天気予報

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード