FC2ブログ

灼眼のシャナIII-Final- 第17話 「誰が為に」 感想

田中はいい奴ですね。

悠二と田中の友情、よかったですよ。

シャナはニューヨークに居た。

古来より南北アメリカ大陸を“徒”から守ってきた強大にして特異な討ち手・

大地の四神――今は既に三神となった彼らの共闘を得るために。

『引潮』作戦で失われたその一神センターヒルに託された言葉を残る三神に

伝えるシャナ。

その頃、『ザナドゥ』創造の地と宣布された日本では、楽園へ渡るため

駆けつけた“徒”と、それを阻止せんとするフレイムヘイズたちの戦いが

繰り広げられていた。

そのさなか、一人の少年・坂井悠二が、今までの姿で御崎市に再び現れる。


 灼眼のシャナIII-FINAL- 公式サイト

灼眼のシャナIII-FINAL- 第III巻 〈初回限定版〉 [Blu-ray]灼眼のシャナIII-FINAL- 第III巻 〈初回限定版〉 [Blu-ray]
(2012/02/29)
釘宮理恵、日野聡 他

商品詳細を見る

灼眼のシャナ〈17〉 (電撃文庫)灼眼のシャナ〈17〉 (電撃文庫)
(2008/11/10)
高橋 弥七郎

商品詳細を見る
日本の空港が次々と襲われているのか。

それはそれでかなり迷惑ですよね。

フレイムヘイズの会議は、言いたいことを言っているだけでまとまりがないですね。

大敗北した司令官のゾフィーを糾弾するものがいないって……。

この会議、本当に茶番なんですね。

シャナとキアラの2ショット、会話が続かない重苦しい雰囲気ですね。

イチゴを食べて笑顔になるシャナ、キアラが餌付けを始めましたよ。

四神のサウスバレイとウェストショアと会うシャナとキアラ。

サウスバレイとウェストショアの名乗りが長いよ!

イーストエッジも加えた三神にセンターヒルの言葉を伝えるシャナ。

戦うと決める決断が早いですね。

一美と池、久しぶりの登場ですね。

池の出番はアッという間に終わりましたが。

悠二が池と緒方に手を振っていましたが、知らない人が手を振っているのに

特に反応してないですね。

ザナドゥ創造を御崎市でやろうとしていることを一美と田中に告げる悠二。

一美の協力が絶対に必要って、どういう役割になるんでしょうね。

目的のために一美を利用しようとしている悠二に対し怒る田中、いい奴だ。

しかし一美は悠二の申し入れを受け入れましたよ。

まぁ、一美なら受けるだろうとは思いましたけど。

御崎市全体を戦場にする、対策は取ってあると言われても不安ですよね。

"祭礼の蛇"は"紅世の徒"から欲望を肯定する無邪気で楽観的な神様として

甘く見られてるって威厳がないですね。

そのため、人間を食らうなという命令に違反するものが出ないか監視させ、

違反者は殺すという対策までとっている悠二。

今のところ違反者はいないって、それだけザナドゥは魅力的なんでしょうね。

自分のやろうとしていることを一美と田中に話す悠二。

新世界では共存の道もあるということなんですかね。

シャナは希望的観測に基づく不確実な計画を是としないから、自分がやろうと

していることを詳しく話すつもりはない悠二。

その通りでしょうね。

田中に対し、戦いが始まるから逃げるように告げる悠二ですが、田中は悠二が

やろうとしていることを佐藤に話した後、栞を捨てて飯食って寝てやると。

言うほどの覚悟があるなら俺や皆を守って見せろって、格好いいですよ。

出会ってから過ごした一年は楽しかったと握手を求める田中に対し、悠二も

楽しかったと握手を。

二人ともいい表情してますね。

屋上への扉は鍵がかかっていたけど、難なくあける悠二。

かなり怪力の状態なんですね。

屋上には、バル・マスケの幹部が並んで待っていました。

この面子、人型が多い中でリベザルとストラスの姿はどうにも違和感が。

ハボリムは馴染んでますけどね。

ヘカテーがいませんが、"祭礼の蛇"の本体と一緒にいるのかな。

星黎殿は一般の人には見えていないのかな?

来週から最終決戦の始まりですね。

次回 第18話「闘争の渦」

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村←よろしければ、ポチっとお願い致します。
ブログパーツアクセスランキング

第1話 「失われた存在」 感想
第2話 「来たるべきもの」 感想
第3話 「旅立つために」 感想
第4話 「再会と、邂逅と」 感想
第5話 「囚われのフレイムヘイズ」 感想
第6話 「掌のなかに」 感想
第7話 「神門」 感想
第8話 「開戦」 感想
第9話 「星黎殿へ」 感想
第10話 「交差点」 感想
第11話 「聞こえる、想い」 感想
第12話 「誓いの言葉」 感想
第13話 「狭間へと、狭間から」 感想
第14話 「大命宣布」 感想
第15話 「雨中の敗走」 感想
第16話 「再び、戦いへ」 感想
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re:

シャナ陣営の一部は悠二が述べた理由から反対しているんですよ。保守派と革新派の違いってところですか。まあやっぱり三神はかなり異端ですけどね。
こうやって見ると、悠二やバルマスケが主人公っぽいですよね。悠二は主人公だけど。シャナたちが敵っぽいですね。


まぁ元々フレイムヘイズも存在の力を浪費し過ぎたら紅世とのバランスが崩れて、世界が滅ぶかもしれないという確証なしの理由で生まれたわけだし、世界を新たに作り出したりしたらどんな影響が出るかなんか普通分かんないから、シャナたちの言い分もわからなくはないんですけどね。


しかし誰も大地の四神の過去について誰も言及しないのが残念。彼らの経歴や世界に絶望した理由は悲しいけど好きなのに。

お返事です

>>あるるかんさん
確かにバルマスケの方が主人公側といった感じですね。
バルマスケをメインにした方が面白そうという感じも
しますけどね。

新たな世界を作った結果どうなるのか。
前例がないと推測になっていましますから慎重になるのも
無理ないのは分かりますね。
実際は何も起こらないかもしれない、けど起こる可能性もある、
やってみないと分からないで行動するには規模が大きすぎますし
どちらの言い分も分かるんですけど、やっぱりバルマスケ側を
応援したくなりますね。

大地の四神の過去については、尺の都合ですかね。
もう17話ですし、結構厳しい状況なのかも。

No title

大地の四神はフレイムヘイズの力で内乱起こしているんですよ アメリカ国で
白人の先住民の侵略に対して
でそれを止めるために他のフレイムヘイズを巻き込んだ
大変な戦いへと・・・
で世界のバランスが崩れかけて大地の四神は矛を収め
それ以降世界にかかわらなくなっていきました

神の威厳がないのはまぁ そんな神様だからです
たしかフリアグネは祭礼の蛇を「すごくすごく偉い……でも、とてもとても変で、とてもとても甘い……ああなっても仕方がなかった」と言ってます

吉田さんにしてもらいたいことは逆転印章(アンチシール)ですまぁ どんな行為なのかは本編で

茶番な会議はまぁフレイムヘイズのバラバラ具合を表しているのだと思いますなんせさらに分裂してるし
アニメではないですがあるフレイムヘイズは「あの若きご老体が生きていれば」と言ってます
ドレルクーベリック フレイムヘイズ歴は短いが契約時に高齢だったため若きご老体と言われる 外界宿を「溜まり場」から「支援施設」へと変革した若き偉人。
幕僚団『クーベリックのオーケストラ』という一団を率いて、フレイムヘイズたちの情報交換・支援施設である外界宿『ドレル・パーティー』を主催しており、情報の便宜、素早い移動の手配、資金の工面や管理などの支援を、討ち手たちに提供してきた。
人間社会で企業を運営し、様々な面でのバックアップ体制を確立しただけでなく、この世の本当のことを人間の構成員に触れさせることで、結果的に新たなフレイムヘイズ誕生の助けにもなってきた。

シュドナイ曰く「戦闘以外で名を馳せた初めてのフレイムヘイズ」
が生きていればまとめてくれたのにと思っているんでしょうねまぁ まとめあげる能力者はシュドナイが真っ先に消しているんですが 

以下引用ですシュドナイらの襲撃によってドレルやピエトロを始めとする指導者層を失ったため、人間とフレイムヘイズの間で主導権争いが起きていたが、ゾフィー・サバリッシュの指導者就任と情勢の緊迫化により、内紛を収め共闘するようになった。
本拠地は引き続き、スイスのチューリヒ。ドレルが拠点の分散化を進めていたため、ドレル・パーティが消されても機能は完全には失われず、彼亡き後の組織再編では、分散していた拠点機能を集めて、不完全ながら再興を果たした。
現代のフレイムヘイズ兵団の母胎となり、東アジアの『傀輪会』とも協力して、[仮装舞踏会]との全面戦争に突入した。


しかし、中国中南部での『星黎殿』を巡る戦いで兵団が完敗を喫し、その半日後には、チューリヒ総本部で大命宣布の内容を巡って幹部たちが不毛な論戦を繰り広げるばかりである。

お返事です

>>メアさん
アメリカで内乱を起こしたって、それはまた凄いですね。
威厳がない神様、その分親しみやすそうな感じですね。
"若きご老体"ドレルクーベリック、人間として生きていた
時間が長いせいか、経験豊富で頼もしい人だったんですね。
こういう優れた裏方がいると戦力にぐっと厚みを増しますし
安心していられるんですけどね。
惜しい人を亡くしました。

トラックバック

http://hienkyaku.blog50.fc2.com/tb.php/2520-c4bc12b9

灼眼のシャナ?(Final) 第17話 誰が為に 感想

最終決戦へ向けての準備回といったところでしょうか。 それぞれが目的のため最後のピースを揃えに行き、シャナと裕二勝ったほうが相手を従わせると。 シャナキアラの破壊力と田中くんの良い奴っぷりが光った回でした!

灼眼のシャナIII(Final) ~  第17話 誰が為に

灼眼のシャナIII(Final) ~  第17話 誰が為に 人ならぬ者たちが、この世の日に陰に跋扈(ばっこ)している。古き一人の詩人が与えた彼らの総称を、“紅世(ぐぜ)の徒(ともがら)”という。自らを称し...

灼眼のシャナIII-FINAL- 第17話「誰が為に」

灼眼のシャナIII-FINAL-の第17話を見ました 第17話 誰が為に “無何有鏡”創造の地と宣布された日本では“徒”とフレイムヘイズが戦いを繰り広げている中、シャナ達は香港を経由し、南北アメリカ大陸を...

灼眼のシャナ?(Final)第17話感想

記事はこちら(TBもこちらへ) 元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2012/02/final-9662.html

灼眼のシャナIII 第17話 『誰が為に』

田中の目が開いた!御崎市へ舞い戻った悠二が吉田や田中と再会。一方で悠二の両親や池、緒方たちは坂井悠二を覚えていない。キャラクターを交錯させつつ差を見せつける演出は見事でした。 そして悠二が来たのは吉田を連れていくため。ザナドゥ創造に必要なんだそうです。?...

灼眼のシャナIII -FINAL- 第17話 誰が為に

『無何有鏡』の創造を日本で行うという宣布によって、逃がしたくないフレイムヘイズによる空港襲撃。 幾ら人を喰うなと命じた所で迷惑には変わりないとか言ってますが、事この件 ...

灼眼のシャナIII 第17話

関連リンクhttp://www.shakugan.com/第17話 誰が為にシャナ大地の四神との交渉へそして悠二は…シャナは大地の四神と会うためにヨーロッパへ来ていたそして空港で大地の四神の二人ウェストショアとサウスバレイと出会うバーへ移動し、現状の状況そしてシャナは自分の私...

灼眼のシャナ? -Final- 第17話 感想

 灼眼のシャナ? -Final-  第17話 『誰が為に』 感想  次のページへ

灼眼のシャナⅢ-Final- 第17話 「誰が為に」

灼眼のシャナⅢ-Final- 第17話 「誰が為に」です。 さて、またまた非常に

灼眼のシャナ?-FINAL- 第17話 誰が為に

シャナ3期 第17話。 最後の戦いにむけての下準備。 以下感想

灼眼のシャナ?-Final- 17話

信じる道、信じる友、信じる愛。 というわけで、 「灼眼のシャナ?-Final-」17話 帰郷の巻。 大地の四神、一人減って残り三神か、ネイティブアメリカンオッスオッス。 ところでこの名乗りを聞いてく...

灼眼のシャナIII #17

【誰が為に】 灼眼のシャナIII-FINAL- 第III巻 〈初回限定版〉 [Blu-ray]出演:釘宮理恵ジェネオン・ユニバーサル(2012-02-29)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 彼女を止めて成し遂げる! 

灼眼のシャナ〓-Final 17話

「誰が為に」 前半はシャナ達が大地の残る三神に協力を取り付け、後半は悠二が吉田に協力と取り付けると共に悠二の計画、信念、祭礼の蛇に関する事などを吉田達を通して説明する回といったところでしょうか。どうも今回はオリジナル部分が混ざっている...

灼眼のシャナ〓-FINAL- #17 「誰が為に」

そして、舞台は始まりの場所へ… どうも、管理人です。早起き気味だったせいか、この時点で眠いです…。このままだと、夜寝落ちする予感w サウスバレイ:「聞かせてもらおうか?お嬢さん。殊寵の鼓と雨と渡り行く男がアンタに託した言葉を」  今回の話は、大?...

灼眼のシャナIII(Final) 第17話 「誰が為に」 感想

“群魔の召し手”サウスバレイと“滄波の振り手”ウェストショア いきなり大地の四神の二人と遭遇だとw センターヒルみたいなの思ってたけど、思った以上に見た目若いですね。 ―あらすじ― 人ならぬ者...

灼眼のシャナIII 第17話

第17話『誰が為に』灼眼のシャナIII-FINAL- 第III巻 〈初回限定版〉 [Blu-ray]今週も・・・キアラが可愛かった。

灼眼のシャナIII-Final-「第17話 誰が為に」/ブログのエントリ

灼眼のシャナIII-Final-「第17話 誰が為に」に関するブログのエントリページです。

灼眼のシャナIII-Final- 【第17話】 感想

御崎市

プロフィール

ばん(こげぱんだ)

Author:ばん(こげぱんだ)
オリックス・バファローズファン。
安達&ディクソン、頑張れ!

レッスルエンジェルス、リンドリ、
ANGEL VOICE、錻力のアーチスト
ハリガネサービスを応援中。

当ブログはリンクフリーです。
用件等はこちらのメールフォームからお伝えください。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ
にほんブログ村

ついったー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリ

未分類 (0)
レッスルエンジェルス (420)
レッスルエンジェルス愛 (102)
レッスル愛大会 (82)
斉藤彰子物語 (37)
レッスルプレイ日記 (20)
レッスル駅伝 (37)
リング☆ドリーム (7)
野球 (614)
アニメ感想 (3047)
ガンダム00 (26)
ガンダムAGE (49)
ガンダムGのレコンギスタ (25)
ガンダムビルドファイターズ (53)
とある魔術の禁書目録 (27)
とある科学の超電磁砲 (48)
けいおん! (53)
ひだまりスケッチ (30)
GA芸術科アートデザインクラス (15)
きんいろモザイク (24)
きらら系作品 (41)
みなみけ (26)
DARKER THAN BLACK (15)
そらのおとしもの (15)
WORKING!! (50)
侵略!イカ娘  (25)
Fate (27)
TIGER & BUNNY (35)
Steins;Gate (24)
たまゆら (31)
ヤマノススメ (39)
夏目友人帳 (50)
ちはやふる (51)
境界線上のホライゾン (26)
モーレツ宇宙海賊 (27)
人類は衰退しました (17)
ガールズ&パンツァー (35)
リトルバスターズ! (48)
新世界より (25)
進撃の巨人 (26)
マジェスティックプリンス (28)
ログ・ホライズン (49)
蒼き鋼のアルペジオ (13)
未確認で進行形 (14)
シドニアの騎士 (24)
アルドノア・ゼロ (23)
月刊少女野崎くん (16)
蒼穹のファフナー (18)
うしおととら (38)
3月のライオン  (22)
幼女戦記 (10)
神撃のバハムート (35)
ノイタミナ (122)
漫画感想 (592)
キン肉マン (366)
ANGEL VOICE (137)
錻力のアーチスト (42)
本感想 (27)
ゲーム感想 (39)
アオイシロ (27)
おもちゃ箱 (19)
ブログ妖精ココロ (3)
雑記 (53)

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

Blog時計(百子)

プロ野球順位表

プロ野球データFreak
パリーグ順位表
セリーグ順位表

プロ野球ニュース

powered by プロ野球Freak
powered by プロ野球Freak

応援バナー

オリックス・バファローズ 公式サイト オリックス・バファローズ BsTV パ・リーグTV 『レッスルエンジェルス オフィシャルサイト』 『レッスルエンジェルス愛』 リング☆ドリーム 女子プロレス大戦 総合サイト 「アオイシロ」応援バナー 「アカイイト」応援バナー ガールズ&パンツァー 公式サイト たまゆら〜卒業写真〜 公式サイト TIGER & BUNNY 公式サイト

本棚

週間アクセスランキング

逆アクセスランキング(7日間)

天気予報

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード