クズの本懐 第1話 「望み叶え給え」 感想

花火と麦の関係にはビックリしましたが、クズというほどでも
ないんじゃないかと思いますね。
これからそういう面が出てくるのかもわかりませんが。

高校二年生の安楽岡花火は、成績優秀、品行方正な優等生。
そんな彼女は、同級生の粟屋麦と、ある「秘密」を共有していた。
恋ってそんなに美しいものですか?
これは、誰よりも純粋で誰よりも歪んだ純愛ストーリー。


↓画像クリックで『クズの本懐』公式サイトへ↓
クズの本懐

»続きを読む

スポンサーサイト

僕だけがいない街 第12話(最終回) 「宝物」 感想

凄く面白い作品でしたね。
ここまで面白い作品だとは思いませんでした。
この作品に携わった全ての人に感謝です。

小雨が降る病院の屋上で、悟は八代と対峙していた。
「俺の記憶は戻っているぞ」と言い放つ悟だが、八代はまったく動じない。
全てを読み切った上で、悟に罠を仕掛けていたのだ。
八代のシナリオは、悟の新たな友人・久美の点滴に筋弛緩剤を混入して
殺害した上で、悟をその実行者に仕立ててから殺すというものだ。
ついにチェックメイトか――。
だが、静かに勝利を宣言したのは悟だった。
そして彼は唐突に、自らの手で屋上の縁に車椅子を進めて行く…。
間一髪、それを掴み助けたのは…他ならぬ八代だった。
彼は告白する。
悟がいるからこそ、自分は生きている実感が持てるのだと。
それを認めた上で、悟を放し屋上から取り落とした八代は、
自らも飛び降りようとする。
だが、彼が眼下に臨んだ視界の中には、救助マットの上で微笑む悟と
その仲間の姿があった――。


↓画像クリックで『僕だけがいない街』公式サイトへ↓
僕だけがいない街

»続きを読む

僕だけがいない街 第11話 「未来」 感想

八代、怖すぎ!
こんないいところで終わったら来週まで待ち遠しくて
仕方ありませんよ。

悟が冷たい水の底に沈んだ日から年月は流れ、2003年。
九死に一生を得たものの昏睡状態となった彼は、
ついに目を醒ます。
15年もの間眠り続けていたという事実と、事件にまつわる
記憶が失われていることにショックを受ける悟。
しかし献身的に悟に尽くし、過去の話題を避けているような
素振りの佐知子を見て、「あえて思い出さなくていいのでは?」
とも思うのだった。
そんな彼のもとに、赤ん坊を抱いた一人の女性がやってくる。
かつて、悟がその生命を未来へとつなげた少女−−
雛月加代だった。
感極まり、祝福の言葉を贈る悟。
それをきっかけとして彼はリハビリの量を倍にし、
必死の努力を重ねていった。


↓画像クリックで『僕だけがいない街』公式サイトへ↓
僕だけがいない街

»続きを読む

僕だけがいない街 第10話 「歓喜」 感想

サブタイの「歓喜」って八代の事かよ!
犯人については予想通りでしたが、ここからどう反撃するんでしょうね。
来週が待ちきれないですよ。

次の被害者となる中西彩のひとりぼっちをなくすため、
彼女に声を掛ける悟たち。
最初は取り合わなかった彩だが、カズの一言がきっかけとなり、
悟たちのアジトへ顔を出すようになる。
ヒロミも含め、殺されるはずだった三人は犯人のターゲットから
外れた。
だが、悟には「犯人は代わりに誰を狙うのか」が気にかかる。
最近クラスで浮きがちだった美里がひとりぼっちになるのを
防ごうとする悟。
アイスホッケー試合会場の美里を尾行していると、彼女の姿が
突如消えた。
慌てた悟は担任の八代に頼みこんで不審なトラックを追うが
その先には…。


↓画像クリックで『僕だけがいない街』公式サイトへ↓
僕だけがいない街

»続きを読む

僕だけがいない街 第9話 「終幕」 感想

加代を救うことには成功しましたが、代わりに犠牲者に
なりそうな子が……。
犯人についてはもう一択ですね。
いい人に見えますが、その行動の意味は自ら語って
くれていましたし。

3日にわたる行方不明の期間を経て、自宅へと戻る雛月。
母親である明美は、彼女の後ろに控える悟・佐知子の姿を見て、
怒りのあまりシャベルを振り回す。
間一髪、その一撃を避ける佐知子。
そして見計らっていたように、児童相談所の職員と八代が現れた。
雛月の一時保護を伝える職員に明美は反発し、警察に行くと息巻いた。
3日間の誘拐を警察で話されると悟たちが不利になる…
そんな状況の中、八代が連れてきた誰も予期せぬ人物が、
事態を急変させる……。


↓画像クリックで『僕だけがいない街』公式サイトへ↓
僕だけがいない街

»続きを読む

僕だけがいない街 第8話 「螺旋」 感想

藤沼家での朝食の場面が良かったですね。
それにしてもこの29歳はいろいろとダメですね。
川の字で寝るシーンの「うん」はもう……(笑)

自宅に帰らずに廃バスの隠れ家で過ごす雛月と、
それをサポートする悟たち。
雛月を自らの手で失踪させ、警察や役所の介入を
招くことで母親や誘拐犯から遠ざける、それが悟が
描いたシナリオだ。
悟やケンヤの予想より周囲の大人たちの反応は鈍く、
不登校が続く雛月に対して対策が成されぬまま数日が過ぎる。
佐知子や八代だけが悟の行動の変化から事態に
気がつき始めていた。
そしてある夜に隠れ家にやってきた大人の男、その人物が
遺した段ボール箱の内容を見た悟は戦慄する…


↓画像クリックで『僕だけがいない街』公式サイトへ↓
僕だけがいない街

»続きを読む

僕だけがいない街 第7話 「暴走」 感想

この状況で一週間お預けは辛すぎる!
毎回、引きが上手いですね。
今度こそ何とかうまくいってほしいですが、どうなるんだろう。

警察に連行される悟は群衆の中に「帽子の男」の姿を見た。
「終われない…俺にはまだやらなきゃならない事がある…」、
彼の祈りは奇跡を呼ぶ。
そして気がつくと悟は科学センターにいた。
三度目の昭和63年、Xデーの4日前、雛月は悟の隣で健在だ…。
今度こそは後悔の無いように…、新たな決意を胸に悟は踏み出す。
まずはXデーを乗り切り翌日の誕生日会を終えた彼は、その夜に
ユウキさんの自宅に向かった。
アリバイを作るべく家に石を投げ警察を呼び、さらには帰宅中の
雛月の母を待ち伏せる…。
心に余裕が無くなっていた故の過激な行動をたしなめたのは、
数日間悟を監視していたケンヤだった。
ケンヤの言葉に冷静さを取り戻した悟は、雛月に「お前のこと誘拐するけどいい?」
と問うのだった。
誘拐犯が手が出せない場所に避難しなければ…という悟の意図を
汲んだケンヤは、隣の小学校校庭にある廃車となったバスに二人を導く。
雛月が廃バスの隠れ家で過ごす日々が始まった。
だが彼女がひとりで夜を過ごしている時、思わぬ来訪者が…


↓画像クリックで『僕だけがいない街』公式サイトへ↓
僕だけがいない街

»続きを読む

僕だけがいない街 第6話 「死神」 感想

愛梨はいい子ですね。
完全にヒロインですよ。
この世界の警察が無能すぎる(笑)

炎に包まれる愛梨を救い出した悟。
火事は佐知子殺害犯によるものという確信を得た悟は、
佐知子が残したメモを頼りに、ある人物にコンタクトを取る。
それは、元テレビ石狩の記者・澤田という男だった。
彼から佐知子が18年前の真犯人を知っていたこと、そして犯人は
殺人の後、必ず無実の人物を容疑者に仕立て上げているという
推察を聞く悟。
さらに澤田の容疑者リストを読むことで、悟は犯人特定に繋がる
重要事項に気がつく――。


↓画像クリックで『僕だけがいない街』公式サイトへ↓
僕だけがいない街

»続きを読む

僕だけがいない街 第5話 「逃走」 感想

悟は逃げずに警察に事情説明するという選択肢は
なかったんですかね。
この作品のヒロインは加代でなく愛梨ということで
いいのかな。

学校に来なかった雛月は、やはり失踪していた。
やり切れない思いを抱える悟は、もっと何かできたはずだと
思い詰める。
さらに隣の小学校に通う中西彩も失踪。
18年前と同じ時の流れに乗っている…それを知る立場の悟だけは
雛月の死を直感していた。
そして、彼は見てしまう。
雛月の母親が捨てたゴミ袋の中に入っていた編みかけの手袋を……。
悟はたまらず走りだした。
その目の前に待っていたのは――。


↓画像クリックで『僕だけがいない街』公式サイトへ↓
僕だけがいない街

»続きを読む

僕だけがいない街 第4話 「達成」 感想

そんな予感はしていましたが、この結果は悲しすぎる!
見入っていてあっという間に時間が経ちますね。
早く続きが見たいですよ。

Xデーまであと1週間。
事件そのものを無くそうと意気込む悟は、一人にさせないよう、
雛月を科学センターに誘う。
だが、彼女の母親が許さない。
そこに現れたのは佐知子だった。
そのフォローのおかげで、共に科学センターに行くことができた悟。
そこで彼は雛月と18年前にも同じ会話をしたのを思い出す。
リバイバル前と同じ時のレールに乗っているのではという疑念、
そして迎えたXデーの当日……。


↓画像クリックで『僕だけがいない街』公式サイトへ↓
僕だけがいない街

»続きを読む

僕だけがいない街 第3話 「痣」 感想

いや~、引き込まれますね。
時間が経つのが早く感じられます。
早く続きを見たいですよ。

雛月加代が失踪した日が判明すれば、事件を阻止できるはず。
そう考えた悟は、彼女の誕生日までの間にXデーがあると推察する。
さっそく雛月に誕生日を尋ねるも、些細なことから距離ができたことで
失敗に終わってしまう。
それでも悟は職員室へ赴き、八代から聞き出すことに成功。
3月1日こそがXデーであると確信し、雛月の家に赴き様子を伺う。
だが、そこで見たものは、物置にボロボロの姿で監禁された
雛月の姿だった……。


↓画像クリックで『僕だけがいない街』公式サイトへ↓
僕だけがいない街

»続きを読む

僕だけがいない街 第2話 「掌」 感想

めっちゃ面白いですね。
引き込まれます。
早く続きが見たい!

悟は突如、昭和63年に時間跳躍する。
それは“リバイバル”。
過去に戻り「違和感」を解決することで、起こりうる事件を
回避するという現象だ。
そこでは母が在りし日の姿のままでいる……。
悟は失ったはずの時間を噛み締め、母を救いたいと願う。
これがリバイバルなら、違和感を解消すればそれが
叶うかもしれない。
だが、なぜこの時代なのか、違和感がどこにあるのか。
答えが出ない悟。
その前を、ひとりの少女が通り過ぎる―。


↓画像クリックで『僕だけがいない街』公式サイトへ↓
僕だけがいない街

»続きを読む

プロフィール

ばん(こげぱんだ)

Author:ばん(こげぱんだ)
オリックス・バファローズファン。
安達&ディクソン、頑張れ!

レッスルエンジェルス、リンドリ、
ANGEL VOICE、錻力のアーチスト
ハリガネサービスを応援中。

当ブログはリンクフリーです。
用件等はこちらのメールフォームからお伝えください。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ
にほんブログ村

ついったー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリ

未分類 (1)
レッスルエンジェルス (420)
レッスルエンジェルス愛 (102)
レッスル愛大会 (82)
斉藤彰子物語 (37)
レッスルプレイ日記 (20)
レッスル駅伝 (37)
リング☆ドリーム (7)
野球 (613)
アニメ感想 (3043)
ガンダム00 (26)
ガンダムAGE (49)
ガンダムGのレコンギスタ (25)
ガンダムビルドファイターズ (53)
とある魔術の禁書目録 (27)
とある科学の超電磁砲 (48)
けいおん! (53)
ひだまりスケッチ (30)
GA芸術科アートデザインクラス (15)
きんいろモザイク (24)
きらら系作品 (41)
みなみけ (26)
DARKER THAN BLACK (15)
そらのおとしもの (15)
WORKING!! (50)
侵略!イカ娘  (25)
Fate (27)
TIGER & BUNNY (35)
Steins;Gate (24)
たまゆら (31)
ヤマノススメ (39)
夏目友人帳 (50)
ちはやふる (51)
境界線上のホライゾン (26)
モーレツ宇宙海賊 (27)
人類は衰退しました (17)
ガールズ&パンツァー (35)
リトルバスターズ! (48)
新世界より (25)
進撃の巨人 (26)
マジェスティックプリンス (28)
ログ・ホライズン (49)
蒼き鋼のアルペジオ (13)
未確認で進行形 (14)
シドニアの騎士 (24)
アルドノア・ゼロ (23)
月刊少女野崎くん (16)
蒼穹のファフナー (18)
うしおととら (38)
3月のライオン  (22)
幼女戦記 (10)
神撃のバハムート (33)
ノイタミナ (122)
漫画感想 (580)
キン肉マン (354)
ANGEL VOICE (137)
錻力のアーチスト (42)
本感想 (27)
ゲーム感想 (39)
アオイシロ (27)
おもちゃ箱 (19)
ブログ妖精ココロ (3)
雑記 (52)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

Blog時計(百子)

プロ野球順位表

プロ野球データFreak
パリーグ順位表
セリーグ順位表

プロ野球ニュース

powered by プロ野球Freak
powered by プロ野球Freak

応援バナー

オリックス・バファローズ 公式サイト オリックス・バファローズ BsTV パ・リーグTV 『レッスルエンジェルス オフィシャルサイト』 『レッスルエンジェルス愛』 リング☆ドリーム 女子プロレス大戦 総合サイト 「アオイシロ」応援バナー 「アカイイト」応援バナー ガールズ&パンツァー 公式サイト たまゆら〜卒業写真〜 公式サイト TIGER & BUNNY 公式サイト

本棚

週間アクセスランキング

逆アクセスランキング(7日間)

天気予報

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード